MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
演劇・ダンス
2020.02.10

「愚者の為の演劇」を目指す劇団FAXによる、横浜で2回目となる公演!

STスポット 開催期間:2020.02.22〜2020.02.24
2日後に終了

「劇団FAX東京凱旋公演『イスメネ』」

 

京都大学法学部在学中に玉井を中心に結成された劇団。演劇は愚者の為にあると考え、「愚者の為の演劇」を目指している。歴史的名著から引用を行い、夢と現を行き来するハイエネルギーな作品スタイルが特徴。玉井はエンタメだと言っているが、真相は定かではない。基本的に京都で活動をしており、関東での公演は今回で2度目。

 

《あらすじ》
2月29日、「うるうの日」。
皆が何かを憂う間、憂うものを見つけられずにいる少女。
彼女は「夢売り屋」から、灰白色の海の向こう
太古の昔の記憶の果てまで行く「夢の切符」を買う。
その切符は、狂気科学者「Dr.脳」が行う人類に共通する
記憶を取り出す為の違法な実験への参加券だった。
少女は薬を服まされ、灰白色の海の向こうに飛んでいく。
そこは太古の昔、古代ギリシア三大悲劇詩人ソフォクレスが
書いた『アンティゴネ』の世界。
王に背き死刑に処される姉アンティゴネ。
親しい人を失っていく妹イスメネ。滅びゆく王国。死にゆく人々。
忘れ去られた「うるうの日」は、記憶の津波となって現在を襲う。
噴火するボスビオ火山。灰になっていく人々。

「うるうの日に、何を憂う」
これは、100万年の時を越えて、男と女が出会う話。

 

 


過去の公演の様子

 

劇団FAX東京凱旋公演『イスメネ』
[日時]2月22日(土)〜24日(月・振休)
2/22(土)18:00〜
2/23(日・祝)13:00〜/18:00〜
2/24(月・振休)13:00〜/17:00〜
※受付は開演の30分前。
[会場]STスポット
[出演]奥殿純(劇団FAX)、近藤珠理、木村麻子、阿比留丈智(劇団チャリT企画)、石川晋、三科喜代
[舞台監督]玉井秀和
[料金](全席自由)一般¥2,000、学生¥1,000、高校生以下無料
※前売・当日ともに料金一律。ご予約のお客様を優先的に案内します。
[チケット販売]劇団FAXのチケット予約フォームよりお申込みください。
[主催]劇団FAX
[問合せ]080-9298-0365(劇団FAX)
[MAIL]canisendafax@gmail.com

 

 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

    STスポット横浜(旧:STスポット運営委員会)は、1987年11月横浜市が開設した小空間「STスポット」の運営団体として、ボランティア市民により組織されました。

     

    2000年4月、STスポット横浜は理事会を組織し、2004年6月には法人格を取得、「特定非営利活動法人ST スポット横浜」(以下、NPO 法人STスポット横浜)を設立しました。STスポットの開館を機に地元の演劇活動が急速に活発化しました。以来、ダンス・音楽・映像・美術など若手アーティストの活動拠点となっています。当団体はこれらの創造活動を推進する事業展開、情報サービス提供、ネットワーク構築など有機的な広がりをもたらす取組みを行い、地元及び国内のパフォーミングアーツの底辺を広げ、多くの若い才能を輩出しています。2004年4月にはアート教育事業を設置しました。行政との協働を主軸として、子どもの健全育成・アートの普及のために、アーティストの学校への講師派遣、専門的人材の育成、プログラムの開発等、アート教育に特化した事業を展開しています。

     

    市内最小ではあるものの、大きな可能性を秘めたSTスポットを、公設民営劇場の新たな運営モデルとして位置づけ、広い意味での芸術振興を担う非営利機関として活動を続けています。

    • 住所
      神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビルB1F
    • 電話
      045-325-0411
    • URL

    Map

関連記事