MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
452点の応募の中から、創造性あふれる23名(組)の作家が入選!
美術・写真
2020.02.13

452点の応募の中から、創造性あふれる23名(組)の作家が入選!

川崎市岡本太郎美術館 開催期間:2020.02.14〜2020.04.12
7日後に終了

「第23回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」

 

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立されました。

今年で23回目をむかえる本賞では、452点の応募があり、創造性あふれる23名(組)の作家が入選をはたしました。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品をご覧ください。

 

写真撮影可能!
本展覧会は、会場内をご自由に撮影することができます。SNS等への発信も可能です。会場や作品の写真がSNS等を通じてシェアされ、来館者と作家とのコミュニケーションのきっかけになればと考えています。

 

452点の応募の中から、創造性あふれる23名(組)の作家が入選!

 

第23回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)
[日時]2月14日(金)〜4月12日(日)9:30〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]川崎市岡本太郎美術館 企画展示室
[休館日]月曜日(2月24日を除く)、2月25日(火)
[入選者(50音順)]浅川正樹、井上直、大石早矢香、大小田万侑子、桂典子、小嶋晶、佐藤圭一、笹田晋平、澤井昌平、そんたくズ、高島亮三、根本裕子、野々上聡人、春田美咲、藤田淑子、藤原千也、本濃研太、松藤孝一、丸山喬平、水戸部春菜、村上力、村田勇気、森貴之
[審査員(50音順)]椹木野衣(美術批評家/多摩美術大学教授)、平野暁臣(空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長)、北條秀衛(川崎市岡本太郎美術館館長)、山下裕二(美術史家/明治学院大学教授)、和多利浩一(ワタリウム美術館キュレーター)
[料金]一般¥700、高・大学生・65歳以上¥500、中学生以下は無料
[主催]川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団
[問合せ]044-900-9898(川崎市岡本太郎美術館)

 

関連イベントもチェック!!
第23回TARO賞ギャラリートーク
入選作家によるギャラリートークです。
[日時]3月1日(日)・15日(日)・20日(金・祝)、4月12日(日)各日14:00〜
[会場]川崎市岡本太郎美術館 企画展示室
[出演]
(3/1) 笹田晋平、高島亮三、桂典子、村田勇気、浅川正樹
(3/15)本濃研太、水戸部春菜、森貴之、藤田淑子、丸山喬平、そんたくズ
(3/20)野々上聡人、澤井昌平、井上直、村上力、大小田万侑子
(4/12)大石早矢香、藤原千也、根本裕子、松藤孝一、小嶋晶
[料金]無料(要観覧料)
※予定は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

作家によるパフォーマンス
●そんたくズ「そんたくズ 第5回単独公演 in 第23回TARO賞 岡本太郎美術館記念コントライブ~死ぬのはお前だ!アジア初の逆デュシャン展~」
そんたくズによるコントライブです。
[日時]2月14日(金)〜4月12日(日)の間の土・日①13:00〜/②15:30〜
[出演]そんたくズ
各公演約40分を予定。途中入場可。
※変更の場合は美術館HPでお知らせいたします。

●春田美咲ライブペイント
春田美咲による公開制作です。
[日時]2月15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日・祝)・29日(土)、3月7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)・21日(土)各日10:00~16:30(予定)

 

お気に入りを選ぼう!
第23回TARO賞入選作品の中から、ご来館の皆さまにお気に入り作品を投票していただきます。投票の結果は、HP等で発表するとともに、上位の作家には記念品を進呈します。
[投票期間]2月14日(金)〜3月22日(日)
[会場]川崎市岡本太郎美術館 ギャラリースペース
[料金]無料(要観覧料)
[結果発表]3月26日(木)(予定)

 

お手紙プロジェクト
第23回TARO賞入選作家にお手紙を書いてみませんか?展示室出口近くにコーナーを設置します。作家からお返事がくるかも!?
[日時]2月14日(金)〜4月12日(日)(予定)

 

 

  • 地域
    川崎市
  • 川崎市岡本太郎美術館
  • 川崎市岡本太郎美術館
  • 川崎市岡本太郎美術館

20世紀の日本を代表する芸術家、岡本太郎が逝去した3年後の1999年に開館した市立美術館。岡本太郎より川崎市に寄贈された作品1779点が所蔵・展示されています。企画展、常設展をはじめ、美術館ツアーやワークショップなどさまざまなイベントも行われています。

岡本太郎美術館のシンボルタワーといえば、高さ30mの「母の塔」。「大地に深く根ざした巨木のたくましさ」と「ゆたかでふくよかな母のやさしさ」、「天空に向かって燃えさかる永遠の生命」をイメージして制作された原型をもとに、岡本太郎の意図を忠実に再現して製作されました。

  • 住所
    神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
  • 電話
    044-900-9898
  • 営業時間
    9:30〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】月曜日(月曜が祝日の場合は翌日 ※但し翌日が土日にあたる場合を除く)、年末年始、ほかに臨時休館あり
  • 駐車場
    無 ※お車をご利用の場合は、生田緑地駐車場(有料)をご利用ください。
  • 平均利用額
    【観覧料】期間、展覧会によって料金は異なります。詳しくは展覧会情報または美術館の公式サイトでご確認ください。
  • URL

Map

関連記事