コンテンツにスキップ
ジョン・スミスと探る演劇
演劇・ダンス

ジョン・スミスと探る演劇

団体コンセプト

その名のとおり「演劇を探ること」をテーマに作品づくりをしており、舞台上では、スポーツのような限界を超えようとする身体の動きが特徴です。

作品はすべてジョン・スミスではなく「三宅章太郎」という者が手がけています。目指していることは、演劇をつづけることです。



*『タントンの部屋で』(2018年)

上演作品『ジョン・ヘンリック・ドン・ペンバートンの最小限な景色

今回のテーマ

「たくさん動き、すごく動く」です。

*劇『鳥の映画』(2019年)

ジョン・スミスと探る演劇

多摩美術大学映像演劇学科出身の三宅章太郎により2016年に結成された演劇ユニット。年に数回、アートギャラリーや小劇場で公演を行っている。

https://smith-text.tumblr.com/

開催概要

場所

KAAT 神奈川芸術劇場

KAAT 神奈川芸術劇場

演劇、ミュージカル、ダンスなどの舞台芸術専用の施設。芸術監督に、俳優・演出家の白井晃氏を迎え、演劇、ミュージカル、ダンスなどの優れた舞台芸術作品を創造・発信しています。

(外観写真)©森日出夫

施設について アクセス

関連記事