Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
三溪自筆の書画・三溪園ゆかりの作家による作品などを展示
美術・写真
2020.06.28

三溪自筆の書画・三溪園ゆかりの作家による作品などを展示

三溪園 開催期間:2020.06.22〜2020.07.21
5日後に終了

「三溪記念館 所蔵品展」

 

(TOP画像)三溪園提供

 

三溪記念館では、三溪自筆の書画・三溪園ゆかりの作家による作品・重要文化財建造物の障壁画などを、定期的に展示替えを行いながら紹介しています。

庭園の散策とあわせて、美術品の鑑賞もお楽しみください。

 

【内容】

第1展示室

「三溪の禅画」 《漁樵相賀》、《指月》、《寒山拾得》、《寒山画讃》

「横浜の画家 今村紫紅と牛田雞村」 今村紫紅《山村夕暮》、牛田雞村《山中樵夫》

第2展示室

「臨春閣の障壁画」 雲澤等悦《山水図》 7面

「三溪園の風景」 村田徳治《三溪園画巻》、小島一谿《三溪園》など 4点

 

三溪記念館 所蔵品展
[会期]開催中~7月21日(火)9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
[会場]三溪園 三溪記念館 第1・2展示室
[観覧料]無料(入園料のみで観覧できます)
〈入園料〉大人(高校生以上)¥700/こども(小・中学生)¥200
[問合せ]045-621-0635(三溪園)

*都合により、展示内容・期間が変更になる場合があります。ご了承ください。

 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 三溪園
  • 三溪園
  • 三溪園
  • 三溪園
  • 三溪園
  • 三溪園
  • 三溪園

横浜を支えた産業、生糸貿易で財をなした原 三溪によって、本牧三之谷につくられた日本庭園。園内にある臨春閣や旧燈明寺三重塔などは、重要文化財に指定されています。原氏は、実業家としてだけでなく美術に造詣が深く、新進気鋭の芸術家の支援・育成にも力を注ぎました。横山大観、下村観山、前田青邨などの大家の作品もここで生まれました。梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所として知られ、外国人にも人気が高い名園です。

  • 住所
    神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 電話
    045-621-0634
  • 営業時間
    9時〜17時(入園は閉園の30分前まで)
  • URL

Map

関連記事