Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
【期間限定】“政府支給マスク” を藍染めして、オリジナルマスクを作ろう!
講座・ワークショップ
2020.07.19

【期間限定】“政府支給マスク” を藍染めして、オリジナルマスクを作ろう!

川崎市伝統工芸館(川崎市立日本民家園内) 開催期間:2020.07.15〜2021.03.31
157日後に終了

「“政府支給マスク” 藍染め体験」

 

(TOP画像)藍染めマスク 完成イメージ

 

川崎市立日本民家園内の藍染め工房、川崎市伝統工芸館では、新型コロナウイルス感染予防として政府より支給されたマスクをお持ち込みいただき、それを染める藍染め体験を期間限定でご用意いたします。

真っ白なマスクに自分好みの模様をつけて、人とは一味違うマスクを作ることができる、新しい体験メニューです。

【藍染めとは】
藍はタデ科の一年草で、刈り取った葉を干した後、切り刻み発酵させ加圧してすくもをつくります。これに石灰・灰汁・水などを加え加熱・発酵させることで藍液は作られます。藍染めは、この液に浸し、ひき上げて空気にふれさせ、酸化を繰り返しながら染色するもので、先祖が育んだ素朴な手仕事です。青よりも濃く紺より淡い色調をもつ藍色に、日本古来の美しい色に出会うことができます。

 

“政府支給マスク” 藍染め体験
[体験期間]開催中~2021年3月31日(水)
[体験時間](1)10:00~/(2)13:00~ ※いずれも1時間程度
[会場]川崎伝統工芸館(川崎立日本民家内)
〈アクセス〉
小田急線「向ヶ丘遊園駅」北口より小田急バス【向10】「専修大学前」行「専修大学前」下車、徒歩5分/小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口より徒歩約20分
[料金]¥700 (税込)
[条件]マスクは未使用のものに限定。体験者が持参。
[受付方法]電話またはメールフォームによる事前申込制
※メールフォームによる申込みは希望日の3日前まで
[問合せ]044-900-1101(川崎伝統工芸館)

 

  • 地域
    川崎市
  • 川崎市伝統工芸館(川崎市立日本民家園内)
  • 川崎市伝統工芸館(川崎市立日本民家園内)
  • 川崎市伝統工芸館(川崎市立日本民家園内)
  • 川崎市伝統工芸館(川崎市立日本民家園内)

 

伝統的な藍染めを手軽に体験できる施設で、日本民家園の西門も兼ねています。

川崎市の紺屋の技術を継ぎ、8基の「藍がめ」を管理して、藍染め体験、ミニ展示、藍染め商品の販売などを行っています。また、季節に応じたワークショップや、本格的な技術を学ぶ2日間の講座なども開講しています。
気軽な藍染め体験は、ハンカチ¥700やトートバッグ¥1,200などがあり、持ち込み染色は「持込み基本料」と染め代が必要。

〈アクセス〉
小田急線「向ヶ丘遊園駅」北口より小田急バス【向10】「専修大学前」行「専修大学前」下車、徒歩5分
または、小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口より徒歩約20分

 

  • 住所
    神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-3
  • 電話
    044-900-1101
  • 営業時間
    【開館時間】〈3月~10月〉9:30〜17:00/ 〈11月~2月〉9:30~16:30※最終入館時間はどちらも閉館30分前まで 【体験時間】午前の回10:00~/午後の回 13:00~【休館日】月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日・祝の場合は開館)、年末年始、臨時休館あり
  • 料金
    工芸館のみの入館は無料。 川崎市立日本民家園への入園は有料(一般¥500、高校生・大学生・65歳以上の方は¥300、中学生以下・川崎市内65歳以上の方は無料 ※一般・中学生以外は要証明書)
  • 駐車場
    生田緑地西口駐車場を利用(有料)52台(生田緑地東口駐車場も利用可。有料。152台)
  • 予約
    事前予約制。現在は午前午後とも各5名まで。
  • URL

Map

関連記事