Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
戦場カメラマンが捉えた日本のいま 「80歳の列島あるき旅 石川文洋写真展」
美術・写真
2020.09.25

戦場カメラマンが捉えた日本のいま 「80歳の列島あるき旅 石川文洋写真展」

ニュースパーク(日本新聞博物館) 

北海道・宗谷岬から沖縄まで約3500キロ。日本列島を歩き通した報道写真家・石川文洋さんの長大な旅の軌跡を記した写真展が開催されます。

ベトナム戦争の従軍取材で知られる石川文洋さんは、2018年7月から19年6月まで11か月をかけ、日本列島の北から南まで踏破しました。80歳の挑戦でした。

北海道の雄大な自然を撮影した後、本州に渡り東日本大震災や東京電力福島第1原発事故、阪神・淡路大震災、熊本地震などの被災地を訪れ、まだ癒えぬ傷痕を記録し、また三沢や岩国などの米軍基地や郷里の沖縄の米軍基地建設で揺れる名護市辺野古や嘉手納基地、普天間飛行場などを撮影しました。

本写真展では、石川さんが旅の途中に撮ったおよそ3万5000枚の写真の中から約120枚を厳選して展示します。また、使用した靴やリュック、衣類、筆記用具のほか、年表や徒歩ルートを記した日本地図などを会場に並べ、前人未到の偉業を振り返ります。

 

◆企画展「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄···3500キロ
会期:2020年10月3日(土)~12月20日(日)※月曜休館(祝日・振替休日の場合は次の平日)
時間:10:00~16:30(入館16:00まで)※新型コロナウィルス対応
会場:ニュースパーク(日本新聞博物館) 2F 企画展示室
入場料:一般/400円 大学生/300円 高校生/200円 中学生以下/無料
お問い合わせ:045-661-2040
※詳細はこちら


戦場カメラマンが捉えた日本のいま 「80歳の列島あるき旅 石川文洋写真展」
2018年 広島県広島市 石川文洋撮影

戦場カメラマンが捉えた日本のいま 「80歳の列島あるき旅 石川文洋写真展」
2019年 山口県宇部市 石川文洋撮影

 

 

  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)

ニュースパーク(日本新聞博物館)は2016年7月20日、情報社会と新聞・ジャーナリズムの役割を体験しながら学べる施設に生まれ変わりました。2019年4月には、歴史展示ゾーンを拡充した新常設展示室をオープンさせました。新聞記者のオンとオフをタッチパネル展示で紹介するなど、楽しく学ぶ仕掛けがたくさんあります。取材体験ゲーム「横浜タイムトラベル」は、横浜の街並みを再現したジオラマにタブレットをかざして過去にタイムスリップ。ペリー来航と日米和親条約の締結、日本大通りや山下公園の誕生の秘密といった横浜の謎を取材して解明します。企画展やさまざなイベントを実施しているほか、ご希望の方には、来館記念新聞を作成しお渡ししています。

  • 住所
    神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
  • 電話
    045-661-2040
  • 営業時間
    10:00〜16:30 (入館は16:00まで)※新型コロナウイルス対応 【休館日】月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、12/29〜1/4  ※感染症拡大防止のため、予約制・入れ替え制を実施しています。
  • 料金
    【入館料】一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料
  • URL

Map

このスポットの記事
関連記事