Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
杉原邦生演出、スリリングで壮大な “ロードムービー” 演劇
演劇・ダンス
2020.11.18

杉原邦生演出、スリリングで壮大な “ロードムービー” 演劇

KAAT 神奈川芸術劇場 開催期間:2020.11.28〜2020.12.13
12日後に終了

「KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」書き下ろし新作公演」

 

*ご来館にあたり「ご来場のお客様へのお願い」をご確認ください。

 

誰も観たことのない新しいギリシャ悲劇
『オイディプスREXXX』『グリークス』に続く、
杉原邦生のギリシャ悲劇シリーズ最終章。
彼(か)の二人の青年の旅路を描く、
スリリングで壮大な “ロードムービー” 演劇がいま、生まれる!

 

若手演出家のトップランナー杉原邦生は、2016年『ルーツ』(脚本:松井周)を皮切りに、KAAT白井晃芸術監督の委嘱で数々の話題作を発表、特に、2018年以降はギリシャ悲劇の上演に果敢に取り組んできました。2018年『オイディプスREXXX』(オイディプス王)では、3名のメイン俳優がコロス以外の8役を演じ分けるという、ギリシャ悲劇が演じられた当時のスタイルに則った上演が話題を呼びました。また、コロスの歌をラップに変換するなど斬新なアイデアの数々で、遠いギリシヤの物語を現代の私たちの眼前に鮮やかに蘇らせ、その演出力が高く評価されました。続く2019年には、上演時間10時間に及ぶ大作『グリークス』に挑み、トロイ戦争をめぐり人間の愛憎が渦巻く17年間の壮大な絵巻物を、スピーディーかつスタイリッシュに描き出し、一瞬も飽きさせることのない卓越した演出に称賛が集まりました。

そして2020年、そんな杉原がギリシャ悲劇シリーズの最終として新たな挑戦に挑みます。『グリークス』で物語の主軸となったトロイ戦争において、ギリシャ軍の総大将であったアガメムノン。その息子オレステスが、太陽神アポロンの信託を受け、姉エレクトラと従兄弟で親友のピュラデスの力を借り、母親殺しを行った後の「失われた」(現存していない)物語を創造します。

 

杉原邦生×瀬戸山美咲 20年代を牽引する二人の初タッグ
この意欲的なギリシャ悲劇の翻案創作を委嘱したのは、今、最も次回作が期待されている劇作家・演出家の瀬戸山美咲です。「オレステスとピュラデスという二人のキャラクターを軸に新たな作品を創りたい」という杉原の想いを受けとめ、「オレステスとピュラデスの“空白の時間”を考えたい。新しいギリシャ悲劇を書くという壮大な挑戦をしたい」と意気込みを語ります。

 

若手注目株の鈴木仁・濱田龍臣、変幻自在な趣里・大鶴義丹、
個性豊かなコロス10名による華麗なる“ロードムービー“演劇

出演者には、若手注目株の二人、映像での活躍がめざましい鈴木仁がオレステスに、子役時代から映像で活躍して、最近は三谷幸喜作『大地』でも注目された濱田龍臣がピュラデスを演じます。二人が旅の途中で出会う人々を、舞台・映像でも益々の輝きを放つ趣里と、俳優のみならず映画脚本・監督と幅広く活躍している大鶴義丹がそれぞれ複数の役を演じ分けます。ギリシャ悲劇には欠かせないコロスには、杉原作品に参加経験があり、阿吽の呼吸ともいえる面々の内田淳子・高山のえみ・大久保祥太郎・天宮良・外山誠二、オーディションで選ばれた中上サツキ・前原麻希・川飛舞花・猪俣三四郎、TCアルプでの活躍も目覚ましい武居卓――幅広い世代から出自も様々な個性溢れる10名が集まりました。

 

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
「オレステスとピュラデス」
書き下ろし新作公演
[日時]11月28日(土)〜12月13日(日)
11/28(土)17:00〜
11/29(日)15:00〜
11/30(月)19:00〜
12/1(火)休演
12/2(水)14:00〜
12/3(木)19:00〜★
12/4(金)14:00〜★
12/5(土)15:00〜◎
12/6(日)15:00〜
12/7(月)19:00〜★
12/8(火)休演
12/9(水)14:00〜★
12/10(木)19:00〜
12/11(金)14:00〜◎★
12/12(土)15:00〜
12/13(日)15:00〜
★ポストトークあり(詳細はKAAT神奈川芸術劇場の公式サイトをご覧ください)
◎託児サービスのある回(要事前予約・有料/マザーズ:0120-788-222)
[会場]KAAT神奈川芸術劇場 ホール
[休演日]12月1日(火)・8日(火)
[作]瀬戸山美咲
[演出]杉原邦生
[音楽]Taichi Kaneko
[振付]北尾亘
[出演]鈴木仁、濱田龍臣
趣里、大鶴義丹
内田淳子、高山のえみ、中上サツキ、前原麻希、川飛舞花
大久保祥太郎、武居卓、猪俣三四郎、天宮良、外山誠二
[料金](全席指定)S席¥6,800、A席¥4,500、U24チケット(24歳以下)¥3,400、高校生以下割引¥1,000、シルバー割引(満65歳以上)¥6,300
※U24、高校生以下、シルバー割引はチケットかながわの電話・窓口・WEBにて10月17日より取扱い(前売のみ、枚数限定、要証明書)。
[チケット販売]
チケットかながわ TEL.0570-015-415(受付時間10:00〜18:00)
チケットぴあ(Pコード:503-139) TEL.0570-02-9999
イープラス
ローソンチケット(Lコード:32708)
[主催]KAAT神奈川芸術劇場
[問合せ]0570-015-415(チケットかながわ/10:00〜18:00)
※車椅子でご来場の方は事前にチケットかながわにお問い合わせください。
※未就学児童はご入場いただけません。
※営利目的の転売禁止。
※感染拡大防止のため、当面は間隔を空けた座席配置にて販売いたしますが、状況により追加席を発売する場合がございます。予めご了承の程何卒よろしくお願いいたします。

 

 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場

演劇、ミュージカル、ダンスなどの舞台芸術専用の施設。芸術監督に、俳優・演出家の白井晃氏を迎え、演劇、ミュージカル、ダンスなどの優れた舞台芸術作品を創造・発信しています。

(外観写真)©森日出夫

Map

関連記事