コンテンツにスキップ
飛行機という20世紀の一大発明が私たちに与えた影響について、美術の視点からみていく展覧会
美術・写真

飛行機という20世紀の一大発明が私たちに与えた影響について、美術の視点からみていく展覧会

(TOP画像)川端龍子《香炉峰》1939年、紙本着色、大田区立龍子記念館蔵 

本展では、飛行機という20世紀の一大発明が私たちに与えた影響について、美術の視点から見ていきます。それまでになかったスピードや、空中感覚を経験させる飛行機は、人々のヴィジョンにも少なからず変化を与えました。 また、機械としての洗練された機能美は、新しい時代にふさわしいモチーフとしての魅力に満ちています。

いっぽう、悲しむべき必然として、飛行機は早くから戦争に利用されてきました。近年研究が進められている戦争記録画にも、その姿は多く登場しています。

現代の私たちにとって、飛行は必ずしも特別な体験ではなくなってきています。本展は、飛行へのあこがれと驚きのあった時代の絵画や資料を通じ、飛行機が私たちにもたらした光と影について、あらためて考える機会となるでしょう。



恩地孝四郎《空旅抒情1 離陸》1938年、木版、千葉市美術館蔵 


久保克彦《図案対象(第三画面)》1942年、紙本着色 コラージュ 箔 霧吹等、東京藝術大学蔵


中村研一《北九州上空野辺軍曹機の体当りB29二機を撃墜す》

1
945年、油彩・キャンバス、東京国立近代美術館(無期限貸与作品) 

ヒコーキと美術

[会期]2021年2月6日(土)〜4月11日(日) 10:00~18:00

※休館日:3月1日(月)、4月5日(月)

※2月14日(日)は無料観覧日

[会場]横須賀美術館

[観覧料]一般¥1,000、高大・65 歳以上¥800、中学生以下無料

*高校生(市内在住・または在学に限る)は無料

*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1 名様は無料

[主催]横須賀美術館

[問い合わせ]046-845-1211(横須賀美術館/10:00~18:00)

[URL]https://www.yokosuka-moa.jp/

開催概要

日程
場所

横須賀美術館

横須賀美術館

三浦半島の東端、風光明媚な観音崎の地に建てられた美術館。年間6回の企画展の他、所蔵品展では日本の近現代美術作品を、別館の谷内六郎館では日本の昭和を描いた作家・谷内六郎の作品を、展示替えしながら紹介している。自然豊かな環境と、ユニークな建築、東京湾を眼前に望み、絶景美術館にも選ばれた抜群の眺望が魅力。地元の食材を使ったイタリアンが楽しめるレストラン、ミュージアムショップなど併設施設も充実している。

〈アクセス〉京急線「馬堀海岸駅」より京急バス「観音崎行き」乗車、「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車徒歩2分

 

施設について アクセス

イベント

  • 落語を中心とした寄席形式の公演です。

    落語を中心とした寄席形式の公演です。

    2022.07.05
  • 映画館が一館もない映画の都鎌倉で皆様に愛される映画をセレクトして上映します!!

    映画館が一館もない映画の都鎌倉で皆様に愛される映画をセレクトして上映します!!

    2022.07.05
  • 歌川広重「相州江の嶋弁才天開帳詣本宮岩屋の図」

    歌川広重「相州江の嶋弁才天開帳詣本宮岩屋の図」

    2022.07.05
  • 一之輔師匠の江戸情緒溢れる落語を聴いて、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!

    一之輔師匠の江戸情緒溢れる落語を聴いて、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!

    2022.07.06

関連記事