Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
エンダ・ウォルシュがあえて描いた、不思議でいとおしいラブ・ストーリー
演劇・ダンス
2020.12.10

エンダ・ウォルシュがあえて描いた、不思議でいとおしいラブ・ストーリー

KAAT 神奈川芸術劇場 開催期間:2021.01.16〜2021.01.31
8日後に終了

「KAAT神奈川芸術劇場プロデュース 『アーリントン』〔ラブ・ストーリー〕」

 

*ご来館にあたり「ご来場のお客様へのお願い」をご確認ください。

 

管理社会の恐怖と、そこに生まれた小さなラブ・ストーリー
『バリーターク』(2018年)の作者エンダ・ウォルシュが放つ
衝撃作を白井晃演出により日本初演

 

同時代の“鬼才”海外作家の作品を数多く演出してきたKAAT神奈川芸術劇場芸術監督・白井晃。2020年度は、2018年春に草彅剛主演で上演し、大きな話題を呼んだ『バリーターク』の作家エンダ・ウォルシュが、2016年7月に発表した『アーリントン』を日本初演します。本作は当初2020年4月に上演を予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響による政府の「緊急事態宣言」の発令に基づき公演を中止し、その後改めて2021年の1月に公演を延期し、上演を行う運びとなりました。

アイルランド生まれの劇作家・脚本家エンダ・ウォルシュ。『Disco Pigs』をきっかけに注目され、現在は作品が20を越える言語に翻訳されるなど世界的に上演されています。近年では、映画「ONCE ダブリンの街角で」舞台版でのトニー賞ミュージカル脚本賞受賞や、デヴィッド・ボウイの遺作のミュージカル『LAZARUS』の脚本執筆などでもさらにその名を広めました。2018年3月には、イギリスの作家マックス・ポーターのデビュー作『Grief is the Thing with Feathers』の脚本と演出をてがけた同名の舞台を、コンプリシテの制作により、アイルランドのダブリンで初演。翌2019年3月にはイギリスのバービカン・センター、同年4~5月にはニューヨークのセント・アンズ・ウェアハウスで再演。また、オペラの脚本・演出家としても活躍しています。

『アーリントン』の舞台は、時も所もわからない、ある待合室のなか。そこで自分の名前が呼ばれるのを待つ若い女アイーラと、隣の部屋でモニター越しにアイーラを見ている“若い男”。主人公アイーラを演じるのは、KAATプロデュース『恐るべき子供たち』(2019年)に続き、白井作品2度目の出演となる南沢奈央。若い男には、長塚圭史演出・KAATプロデュース『常陸坊海尊』(2019年)での鮮烈な演技が記憶に新しい平埜生成。白井作品には初参加となります。また、ダンサー・振付家の入手杏奈が劇中の重要な役どころで出演します。

世界が大きく揺らぐなかで、エンダ・ウォルシュがあえて描いた、不思議でいとおしいラブ・ストーリー。「人間の魂と、耐える力への頌歌(しょうか)」とウォルシュが語るこの衝撃作を、彼の作品の虜となったという白井晃がどう描くのか。コロナ禍で管理社会や抑圧のストレスに晒される今、本作の描く理不尽な社会と、それでも生まれる人間的な感情や忘れられない記憶の物語、人間の力を改めて知ることができる作品です。

 

エンダ・ウォルシュがあえて描いた、不思議でいとおしいラブ・ストーリー

 

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
『アーリントン』〔ラブ・ストーリー〕
[日時]2021年1月16日(土)〜31日(日)
1/16(土)14:00〜
1/17(日)14:00〜
1/18(月)休演
1/19(火)休演
1/20(水)14:00〜
1/21(木)14:00〜◎
1/22(金)14:00〜
1/23(土)14:00〜
1/24(日)14:00〜◎
1/25(月)休演
1/26(火)休演
1/27(水)19:00〜 17:30〜
1/28(木)14:00〜
1/29(金)14:00〜
1/30(土)14:00〜◎
1/31(日)14:00〜
※政府の緊急事態宣言発出に伴う行政機関からの協力依頼を受け、1/27(水)19:00開演の部を17:30開演【19:30終演予定】に繰り上げ上演をさせていただきます。
◎託児サービスのある回(要事前予約・有料/マザーズ:0120-788-222)
[会場]KAAT神奈川芸術劇場 ホール
[休演日]1/18(月)・19(火)、1/25(月)・26(火)
[作]エンダ・ウォルシュ
[翻訳]小宮山智津子
[演出]白井晃
[出演]南沢奈央、平埜生成、入手杏奈
[料金](全席指定)一般¥6,000、U24チケット(24歳以下)¥3,000、高校生割引¥1,000、シルバー割引(満65歳以上)¥5,500
[チケット販売]
チケットかながわ TEL.0570-015-415(受付時間10:00〜18:00)
チケットぴあ(Pコード:503-302) TEL.0570-02-9999
イープラス
ローソンチケット(Lコード:34344)
[企画製作・主催]KAAT神奈川芸術劇場
[問合せ]0570-015-415(チケットかながわ/10:00〜18:00)
※車椅子でご来場の方は事前にチケットかながわにお問い合わせください。
※未就学児童はご入場いただけません。
※営利目的の転売禁止。

 

 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場
  • KAAT 神奈川芸術劇場

演劇、ミュージカル、ダンスなどの舞台芸術専用の施設。芸術監督に、俳優・演出家の白井晃氏を迎え、演劇、ミュージカル、ダンスなどの優れた舞台芸術作品を創造・発信しています。

(外観写真)©森日出夫

Map

関連記事