コンテンツにスキップ
コレクションの中から、北大路魯山人、岡部嶺男、加藤土師萌など約60点を展示
美術・写真

コレクションの中から、北大路魯山人、岡部嶺男、加藤土師萌など約60点を展示

(TOP画像)岡部嶺男 粉青瓷盌 1966年頃 ポーラ美術館蔵 Photo by Omi Shigeharu

*ご来館にあたりお客様へのお願いをご確認ください。

古くから愛されてきた古陶磁に強い憧れを抱き、その再生に挑む陶芸家の取り組みのことを古典復興と呼んでいます。中国の王侯貴族や文人に愛された宋代の青磁や明代の赤絵、日本の桃山時代の茶人に愛された志野や織部や備前などは、現代の陶芸家たちにとって憧れの目標であるとともに、新たな表現を生みだす美の源泉ともなってきました。

古陶磁が見せる美に迫ろうとするなかから新しい表現の可能性が見出され、古作を超えるような美しい作品が生まれることになるのです。

古典復興に取り組んだ陶芸家の作品には、たんに高い技術に裏打ちされた表現がみられるだけではありません。そこには、21世紀を生きる現代の私たちにまで、脈々と受け継がれてきた日本人の美意識が反映されているのであり、時代を超えて人々の心に響く、昔も今も変わらない美しさがあるのです。ポーラ美術館のコレクションの中から、北大路魯山人、加藤土師萌、岡部嶺男、荒川豊蔵、金重陶陽など約60点を展示します。


加藤土師萌 萌葱金襴手孔雀牡丹文飾壺 1968年 ポーラ美術館蔵

桑田卓郎 茶垸 2017年 個人蔵(展示期間:2020年11月14日―2021年4月4日)
© Kuwata Takuro, Photo by Kioku Keizo 

近代陶芸 陶芸家たちの古典復興
[日時]11月14日(土)~2021年9月5日(日)9:00〜17:00(最終入館は16:30)
※展示替えのため臨時休館あり。
[会場]ポーラ美術館 展示室5
[料金]大人¥1,800、シニア割引(65歳以上)¥1,600、大学・高校生¥1,300、中学生以下無料
[主催]公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
[問合せ]0460-84-2111
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、出品作品に変更が生じる可能性があります。
※ポーラ美術館の公式サイトはこちら

開催概要

日程
場所

ポーラ美術館

ポーラ美術館

ポーラ美術館は「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに、2002年に神奈川県箱根町に開館いたしました。ポーラ美術館のコレクションは、ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集したもので、西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、東洋陶磁、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など総数1万点にのぼります。箱根の自然と景観に配慮した建物は、高さを地上8mにおさえ、建物の多くを地下に置き、森に溶け込むような形にしています。また、富士箱根伊豆国立公園内という豊かな自然をより楽しんでいただくため、2013年7月に遊歩道をグランドオープンしました。ブナ・ヒメシャラが群生する森で、美術作品とあわせて自然散策もお楽しみ頂けます。

 

モネ、ルノワールなど印象派を中心とした西洋絵画のコレクションは日本最大級。箱根という観光地にありながら、本格的な美術作品をゆったりと鑑賞していただけます。こだわりのひとつとして、展示室の照明は、印象派の作品が美しく鑑賞できるよう「7月のパリの夕暮れ」に設定しています。ほかにも、毎回の企画展テーマにあわせてオリジナルグッズやレストランのコースメニューを刷新するなど、展覧会や季節ごとに訪れても飽きずに楽しんでいただけます。光あふれる建築空間で、豊富なコレクションや、現代で第一線で活躍するアーティストの作品にふれるひとときをお過ごしください。

施設について アクセス

関連イベント

  • ごらくハマ寄席 県民ホール寄席400回記念 その5!!

    ごらくハマ寄席 県民ホール寄席400回記念 その5!!

    2022.05.17
  • 第 57回神奈川県美術展開催

    第 57回神奈川県美術展開催

    2022.05.17〜2022.10.10
  • 毎月第3火曜日のお楽しみ!

    毎月第3火曜日のお楽しみ!

    2022.05.17
  • 3時間半かけて7Kmの道を探索します!!

    3時間半かけて7Kmの道を探索します!!

    2022.05.17

関連記事