Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
学校でも家庭でも学べる!オリジナル学習動画を特別公開
その他
2021.02.08

学校でも家庭でも学べる!オリジナル学習動画を特別公開

ニュースパーク(日本新聞博物館) 

「小学生向け動画教材「ニュースパーク学習動画」」

 

ニュースパーク(日本新聞博物館)は、このたび小学生向け動画教材「ニュースパーク学習動画」を公開しました。

ニュースパークは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、以前のように多くの学校に来館いただけない状況が続いています。そこで、学校など団体での来館者向けに館内で実施していた新聞製作マネジャー(元新聞記者)のレクチャーを再構成し、展示紹介と併せて、新たに「ニュースパーク学習動画」としてウェブサイトで公開することにしました。
通常のレクチャーは、「新聞をつくろう」「新聞を読もう」「情報産業としての新聞」などをテーマに実施しています。今回制作した動画「入門編『新聞とは』」は、マネジャーが自身の経験を踏まえ、博物館の展示を使い、新聞の読み方と新聞を作るときのポイントを、小学校4・5年生国語の教科書に沿った内容で解説します。動画制作にあたっては、横浜市の現役の先生らにアドバイスをいただきました。今後、新聞の作り方を詳しく解説する動画や、小学校5年生社会で情報産業としての新聞を学ぶ際に活用できる動画も追加します。
動画で新聞を学ぶだけでなく、ニュースパーク見学に当たっての事前・事後学習や家庭学習など、広く利用いただける内容です。
まずは動画を楽しんでいただき、もっと見たいな、知りたいな、と思ったら、ぜひニュースパークに遊びにきてください。

 

学校でも家庭でも学べる!オリジナル学習動画を特別公開

 

学校でも家庭でも学べる!オリジナル学習動画を特別公開
日本新聞博物館 提供

 

学校でも家庭でも学べる!オリジナル学習動画を特別公開
日本新聞博物館 提供

 

学校でも家庭でも学べる!オリジナル学習動画を特別公開
日本新聞博物館 提供

 

///「ニュースパーク学習動画」はこちらから///

 

小学生向け動画教材「ニュースパーク学習動画」
[日時]公開中~
[場所]ニュースパーク公式ウェブサイト内「どこでもニュースパーク
ニュースパーク学習動画専用ページ
[主な視聴対象]小学生、教育関係者、保護者
[料金]無料
[問い合わせ]045-661-2040(ニュースパーク)

※緊急事態宣言発令を受け、~3月7日(日)まで開館日を金・土曜日の週2日間とします。
※感染症拡大防止のため、予約制を実施しています。
詳しくはニュースパークウェブサイトをご確認ください。

 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • ニュースパーク(日本新聞博物館)

ニュースパーク(日本新聞博物館)は2016年7月20日、情報社会と新聞・ジャーナリズムの役割を体験しながら学べる施設に生まれ変わりました。2019年4月には、歴史展示ゾーンを拡充した新常設展示室をオープンさせました。新聞記者のオンとオフをタッチパネル展示で紹介するなど、楽しく学ぶ仕掛けがたくさんあります。取材体験ゲーム「横浜タイムトラベル」は、横浜の街並みを再現したジオラマにタブレットをかざして過去にタイムスリップ。ペリー来航と日米和親条約の締結、日本大通りや山下公園の誕生の秘密といった横浜の謎を取材して解明します。企画展やさまざなイベントを実施しているほか、ご希望の方には、来館記念新聞を作成しお渡ししています。

  • 住所
    神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
  • 電話
    045-661-2040
  • 営業時間
    10:00〜16:30 (入館は16:00まで)※新型コロナウイルス対応 【休館日】月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、12/29〜1/4  ※感染症拡大防止のため、予約制・入れ替え制を実施しています。
  • 料金
    【入館料】一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料
  • URL

Map

このスポットの記事
関連記事