コンテンツにスキップ

新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染症に関連する、文化イベント情報 最新情報はこちら

レオナール・フジタ(藤田嗣治)が旅先で描いた絵画作品を展覧
美術・写真

レオナール・フジタ(藤田嗣治)が旅先で描いた絵画作品を展覧

(TOP画像)マドレーヌ・ルクー《フジタの肖像》1931年 メゾン=アトリエ・フジタ

*ご来館にあたりお客様へのお願いをご確認ください。

世界的な画家になること夢みて1913年、26歳で渡仏したレオナール・フジタ(藤田嗣治、1886-1968)は、旅することによってその土地の風景や人物、異国の歴史や風俗などに創作のインスピレーションを求めました。1920年代にパリの女性をモデルに「乳白色の肌」を完成させ、パリ画壇の寵児となったフジタは、その後、旅によってあらたなモティーフや群像表現のための構図と、豊かな色彩による表現手法を開拓していきます。

1929年の一時帰国の後、パリを離れて南米へと旅立ったフジタは、中米から北米へと移動し、太平洋を渡って再び日本へとたどり着きました。東北や沖縄をはじめとする日本各地、そして日本が進出した中国大陸や東南アジアへと移動をつづけ、1949年にニューヨークに渡るまでは、旅先こそがフジタのアトリエでした。本展では、フジタの旅と色彩に焦点をあて、フジタの画業の展開と生涯の旅路をあらためてご紹介します。

フジター色彩への旅
[日時]4月17日(土)~9月5日(日)9:00〜17:00(最終入館は16:30)
[会場]ポーラ美術館
[料金]大人¥1,800、シニア割引(65歳以上)¥1,600、大学・高校生¥1,300、中学生以下無料
[主催]公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
[問合せ]0460-84-2111
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、出品作品に変更が生じる可能性があります。
※ポーラ美術館の公式サイトはこちら

開催概要

日程

イベント

  • 神話「天岩戸」を題材に、 オペラ歌手の歌声を生で楽しく聴ける音楽劇。

    神話「天岩戸」を題材に、 オペラ歌手の歌声を生で楽しく聴ける音楽劇。

    2022.11.28 開催中
  • 躓く度に、歌声を輝かせ立ちあがり続けた冴えない男に最後のチャンスが訪れた!

    躓く度に、歌声を輝かせ立ちあがり続けた冴えない男に最後のチャンスが訪れた!

    2022.11.28 開催中
  • おひさまファミリーコンサート in 緑区

    おひさまファミリーコンサート in 緑区

    2022.11.29
  • よこはま落語会第100回記念公演~喬太郎・三三・兼好・一之輔・宮治の会~

    よこはま落語会第100回記念公演~喬太郎・三三・兼好・一之輔・宮治の会~

    2022.11.30

関連記事