コンテンツにスキップ
いつもの西洋館から飛び出して、今回は音楽ホールで!
音楽

いつもの西洋館から飛び出して、今回は音楽ホールで!

「ダブルリーズ」は、18世紀に使われていたスタイル(ピリオド楽器)のオーボエとファゴット、それにチェンバロという編成の女性4人のグループです。2012年より毎年、横浜山手西洋館でバロック音楽のコンサート続けてまいりました。今回は10回目の区切りとなるコンサート。西洋館のアットホームなホールから飛び出して、素晴らしい音響を誇るサルビア音楽ホールで感謝を込めて演奏いたします。

ダブルリーズ 第10回 アニバーサリーコンサート
[日時]4月4日(日)14:00〜(13:30開場)
[会場]横浜市鶴見区民文化センターサルビアホール 3F音楽ホール
[出演]〈ダブルリーズ〉大山有里子(バロック・オーボエ)、今西香菜子(バロック・オーボエ)、永谷陽子(バロック・ファゴット)、寺村朋子(チェンバロ)
[曲目]ファッシュ:4声のソナタ ニ短調 FWV N:d2、A.ロッティ:4声のソナタ 「エコー」、G.F.ヘンデル:トリオ・ソナタ op.2/3 HWV 388 変ロ長調、W.de.フェッシュ:ファゴット・ソナタ Op.13-5 ニ長調、G.Ph.テレマン:オーボエ・ソナタ ホ短調 TWV41:e6、J.S.バッハ:フーガの技法 コントラプンクトゥス 10、10度の展開対位法による4声 BWV1080/10、ほか
※曲目は都合により変更することがあります。
[定員]100席(要予約)
[料金](全席自由)¥3,500
[チケット販売]感染拡大防止対応のため、ご予約の方全員のお名前と電話番号を明記して、なるべく電子メールにてご予約ください。
■クラングレーデ コンサート事務局
メール: concert@zav.att.ne.jp
電話&FAX: 045-982-3201
[主催]クラングレーデ コンサート事務局
[問合せ]045-982-3201(クラングレーデ コンサート事務局)
※今後の感染状況により、定員を縮小したり止むをえずコンサートを中止することもございます。あらかじめご了承ください。

【ご来場のお客様へ】ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
■ 予めご自宅などで検温をお願いします。発熱(37.5℃を目安として)又は風邪の症状がある場合はご来場をお控えください。
■ 施設入館時に手洗い又は手指アルコール消毒をお願いします。(会場にてご用意しております)
■ マスク着用又はハンカチで口を覆う等の咳エチケットをお願いします。

開催概要

日程
場所

鶴見区民文化センター サルビアホール

鶴見区民文化センター サルビアホール

横浜市鶴見区民文化センター サルビアホールは、鶴見駅前の複合ビル「シークレイン」内にあります。様々な文化芸術活動に利用できるホール、楽器本来の響きを楽しむ演奏に適した音楽ホール、可動式パネルを備えたギャラリー、リハーサル室、練習室など、多様な文化芸術活動・鑑賞の場としてご利用いただけます。

施設について アクセス

関連イベント

  • 壊れかけたら、直せばいい。家族の絆も、ロボットも。

    壊れかけたら、直せばいい。家族の絆も、ロボットも。

    2022.05.18
  • 様々な時代の曲と共に、技巧的な場面や木管の温かな響きをぜひ聴きにいらしてください。

    様々な時代の曲と共に、技巧的な場面や木管の温かな響きをぜひ聴きにいらしてください。

    2022.05.18
  • 大人から子供までワクワクしながら制作した作品を展示します。

    大人から子供までワクワクしながら制作した作品を展示します。

    2022.05.18〜2022.05.22
  • お昼のひとときを生のクラシック演奏を聴きながらすごしませんか?

    お昼のひとときを生のクラシック演奏を聴きながらすごしませんか?

    2022.05.18

関連記事