コンテンツにスキップ
テレマン・パリカルテットの第一番シリーズ組曲・ソナタ・協奏曲の待望のプログラム
音楽

テレマン・パリカルテットの第一番シリーズ組曲・ソナタ・協奏曲の待望のプログラム

昨年9月の鶴見de古楽、満席の拍手に沸いたムジカ・レセルヴァータ、6月待望の再登場。10年の歴史・実績を誇る熟達の古楽アンサンブル=ムジカ・レセルヴァータは、鶴見de古楽の名手、国枝俊太郎(リコーダー、トラヴェルソ)、髙橋弘治(バロック・チェロ)、岡田龍之介(チェンバロ)に、バロック・ヴァイオリンの日本草分け:小野萬里と名手ぞろいのカルテット。その年季の入ったアンサンブルと音楽的な深さ・躍動に富んだ迫力、他のアンサンブルでは聴けない真骨頂の精緻です!

前回に続きテレマン・パリカルテットの第一番シリーズ組曲・ソナタ・協奏曲の待望のプログラムです。熟成アンサンブルの中に各奏者の個性もぶつかり合い、そして融合する楽興と迫力! 当時のスーパースター、テレマンが誇るバロック室内楽の最高傑作。どうぞ、お聞き逃しの無いようお早めにご注文ください。

限定50席完全予約制
円熟のムジカ・レセルヴァータによるテレマン=パリ・カルテット Vol.1
[日時]6月10日(木)〈午後の部〉14:00〜(13:30開場)/〈夜の部〉19:00〜(18:30開場)
[会場]鶴見区民文化センター サルビアホール 3F音楽ホール
[出演]国枝俊太郎(フラウト・トラヴェルソ、フルート・ダモーレ)、小野萬里(バロック・ヴァイオリン)、髙橋弘治(バロック・チェロ、5弦チェロ・ピッコロ)、岡田龍之介(チェンバロ)
[曲目]G.Ph.テレマン:パリ・カルテット(1730 ハンブルク四重奏曲)より 協奏曲 第一番 ト長調、組曲 第一番 ホ短調、ソナタ 第一番 イ長調、Ch.グラウプナー:フルート、ヴァイオリンと通奏低音のためのトリオ・ソナタ ロ短調、C.P.E.バッハ:トリオ・ソナタ ト長調 Wq.144
※曲目が断りなく変更となる場合もございます。ご了承ください。
[料金](全席自由/全50席)一般¥4,200、ペア券¥7,700
※本公演は現金振込のみ申込受付しております。
[チケット販売]午後の部か夜の部かご指定ください。
こちらから事前振込申込のみ受付。
[主催]一般社団法人ヴィア・ガレリア
[問合せ]045-961-0813(一般社団法人ヴィア・ガレリア)
★コロナ対応演奏会です★
接触回避のため、チケットの発行・当日券販売はございません。収容定員50%の50名自由席(各回)。事前の現金振込による完全予約制にて、キャンセルをお受けできませんのでご了承ください。当日受付の「ご来場者リスト」確認で入場いただきます。

開催概要

日程
場所

鶴見区民文化センター サルビアホール

鶴見区民文化センター サルビアホール

横浜市鶴見区民文化センター サルビアホールは、鶴見駅前の複合ビル「シークレイン」内にあります。様々な文化芸術活動に利用できるホール、楽器本来の響きを楽しむ演奏に適した音楽ホール、可動式パネルを備えたギャラリー、リハーサル室、練習室など、多様な文化芸術活動・鑑賞の場としてご利用いただけます。

施設について アクセス

関連イベント

  • 地層あるいは年輪のように累々と作り上げられていく浜田澄子の世界をご高覧ください

    地層あるいは年輪のように累々と作り上げられていく浜田澄子の世界をご高覧ください

    2022.05.20〜2022.06.05
  • 若き演奏家の3名が奏でる美しきハーモニーをお楽しみください。

    若き演奏家の3名が奏でる美しきハーモニーをお楽しみください。

    2022.05.20
  • 経験とともに変化してきた身体を見つめながら、身体で語る自画像とは。

    経験とともに変化してきた身体を見つめながら、身体で語る自画像とは。

    2022.05.20〜2022.05.21
  • 第2期は寺田健人、熊谷卓哉さんの個展です。

    第2期は寺田健人、熊谷卓哉さんの個展です。

    2022.05.20〜2022.06.05

関連記事