コンテンツにスキップ
「刺繍」の魅力を幅広い分野の作品約230点を通して紹介
美術・写真

「刺繍」の魅力を幅広い分野の作品約230点を通して紹介

(TOP画像)《カロタセグ地方ハンガリー人エプロン》(部分)20 世紀半ば、個人蔵

手で一針一針、縫い進めていく「刺繍」。糸や布などから生まれる多彩な表情に加え、制作に注ぎ込まれた時間や、作り手の身体性までもが一体となった濃密な表現技法です。

本展は、この刺繍に注目し、その魅力を幅広い分野の作品約230点を通してご紹介するものです。中・東欧の民俗衣装、イヌイットの壁掛け、現代の絵本原画やイラスト、絵画、フランスのオートクチュール刺繍など、さまざまな分野を横断しながら、時代や地域を越えて、今なお私たちの心を捉える刺繍の魅力を探ります。



《エプロン》スロヴァキア民俗芸術制作センター蔵



サラ・イヌクパック《ダッフル製壁掛け〈お魚の話をするイヌイット〉》北海道立北方民族博物館



エヴァ・ブラーズドヴァー(刺繍)/パヴェル・ブラーズダ(原案)《城》1957-58年、個人蔵


メゾン・ヴェルモン《刺繍サンプル》2004年、メゾン・ヴェルモン蔵

「糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。」展

[会期]4月24日(土)~6月27日(日)10:00~18:00

休館日:5月10日(月)、6月7日(月)

[会場]横須賀美術館

[観覧料]一般 ¥1100、高大・65 歳以上 ¥900、中学生以下無料

*高校生(市内在住・または在学に限る)は無料

*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1 名様は無料

[主催]横須賀美術館

[後援]スロヴァキア共和国大使館、在日ルーマニア大使館、カナダ大使館

[協力]スロヴァキア民俗芸術制作センター、北海道立北方民族博物館

[問い合わせ]046-845-1211(横須賀美術館/10:00~18:00)

[URL]https://www.yokosuka-moa.jp/

開催概要

日程
場所

横須賀美術館

横須賀美術館

三浦半島の東端、風光明媚な観音崎の地に建てられた美術館。年間6回の企画展の他、所蔵品展では日本の近現代美術作品を、別館の谷内六郎館では日本の昭和を描いた作家・谷内六郎の作品を、展示替えしながら紹介している。自然豊かな環境と、ユニークな建築、東京湾を眼前に望み、絶景美術館にも選ばれた抜群の眺望が魅力。地元の食材を使ったイタリアンが楽しめるレストラン、ミュージアムショップなど併設施設も充実している。

〈アクセス〉京急線「馬堀海岸駅」より京急バス「観音崎行き」乗車、「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車徒歩2分

 

施設について アクセス

イベント

  • 落語を中心とした寄席形式の公演です。

    落語を中心とした寄席形式の公演です。

    2022.07.07
  • 柔は、「船徳」、剛は「年枝の怪談」を披露します!!

    柔は、「船徳」、剛は「年枝の怪談」を披露します!!

    2022.07.07
  • 織姫星や彦星、こと座やわし座の探し方を聞いて、空で探してみませんか?

    織姫星や彦星、こと座やわし座の探し方を聞いて、空で探してみませんか?

    2022.07.07
  • 夜空に思いを馳せる七夕の日に、チェロの豊かな響きと物語をお楽しみください。

    夜空に思いを馳せる七夕の日に、チェロの豊かな響きと物語をお楽しみください。

    2022.07.07

関連記事