Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
壁画のインスタレーションを含む、新作による「岡田杏里」展覧会
美術・写真
2021.04.02

壁画のインスタレーションを含む、新作による「岡田杏里」展覧会

「岡田杏里「Soñar dentro de la tierra / 土の中で夢をみる」展」

 

(TOP画像)《Soñar dentro de la tierra》 2021年、アクリル/カンヴァス、45cm x 106.7cm、作家蔵 ©Anri Okada

 

*ご来館にあたりお客様へのお願いをご確認ください。

 

ポーラ美術館は、開館15周年にあたる2017年に公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成を受けた現代美術作家の活動を紹介する「アトリウム ギャラリー」を新設し、芸術表現と美術館の可能性を「ひらく」という趣旨の「HIRAKU PROJECT」をおこなっております。

第11回目となる今回は、日本とメキシコを拠点に活動を展開し、現実と幻想、現代性と土着性など相反する要素を鮮やかな色彩で表現するアーティスト、岡田杏里をご紹介します。本展の目玉となるのは、縦75.0×横75.0 cm のカンヴァスを33点ほど組み合わて実現される、壁画のインスタレーションです。およそ縦3.0×横10.0 mもの大きさに及ぶこの壁画では、メキシコの地で培われた想像上の森を舞台として、植物や生物、そして人間の形象が交錯します。

風土や環境、すなわち自然と生命との関係をめぐるテーマは、岡田がこれまで主たる関心のもとに追求してきたものです。「土の中で夢をみる(= Soñar dentro de la tierra)」という展覧会のタイトルは、先史時代から育まれた豊かな文化の残るメキシコでの滞在を通じて、作家自身のテーマが迎えた新たな展開を示しています。本展では、メキシコで制作された最新の33点の作品によるインスタレーションを中心に、他の絵画作品や立体作品なども合わせてご紹介します。

 


岡田杏里《ヒトの心の構造について》 アクリル/カンヴァス、60×50cm、2019年、個人蔵 ©Anri Okada

 

岡田杏里「Soñar dentro de la tierra / 土の中で夢をみる」展
[日時]4月17日(土)~9月5日(日)9:00〜17:00(最終入館は16:30)
[会場]ポーラ美術館 1Fアトリウムギャラリー
[料金]無料(企画展・常設展を鑑賞の場合は入館料が必要)
[主催]公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
[問合せ]0460-84-2111
※ポーラ美術館の公式サイトはこちら

 

 

  • 地域
    箱根エリア
関連記事