Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
日常生活をカラフルに彩るトルコの装飾文化について学び、手のひらサイズのキャンドルホルダーを作ってみよう
講座・ワークショップ
2021.05.28

日常生活をカラフルに彩るトルコの装飾文化について学び、手のひらサイズのキャンドルホルダーを作ってみよう

鶴見区民文化センター サルビアホール 開催日:2021.07.17
開催まであと34日

「Salvia Academy vol.58 トルコ・モザイクデコレーション ワークショップ めくるめくトルコの装飾文化 キャンドルホルダーを作ろう」

●世界の文化に触れるワークショップシリーズ
サルビアアカデミーは世界の文化を知り、身近に感じるためのワークショップです。「音楽」「手工芸」「舞踊」「舞台芸術」など幅広いジャンルを体験できます。
触れる・感じるだけでなく、その文化や歴史を座学で一緒に学べることが特徴です。

●“ヨーロッパ”と“アジア”が出会う国、トルコ
西はギリシアやブルガリア、東はシリアやジョージアなどの中東諸国と国境を接し、それぞれの歴史が混ざり合った文化を形成するトルコでは、独特な色使いや模様を特徴とする装飾(デコレーション)の技術が発展しました。
なかでもモザイク装飾を施したランプは、カラフルな色使いがエキゾチックな雰囲気たっぷりで、お土産としても人気があります。
今回のワークショップでは、そんなモザイクランプのデザインを落とし込んだ、手のひらサイズのキャンドルホルダーを作ります。

●ワークショップの内容
・まずは、建築物から日用品にいたるまで、日常生活をカラフルに彩るトルコの装飾文化についてご紹介します。
・見本を参考にしながら色使いやデザインのイメージを膨らませ、実際にキャンドルホルダーを作りましょう。初めての方でも簡単に作れます。
・作ったキャンドルホルダーは乾燥と仕上げのため2週間ほどお預かりします。完成したお品は後日サルビアホールでお受け取り下さい(着払いにて郵送も承ります)。

Salvia Academy vol.58 トルコ・モザイクデコレーション ワークショップ 
 めくるめくトルコの装飾文化 キャンドルホルダーを作ろう

[日時]7月17日(土)※午前・午後開催 内容は同じ
    受付 ①10:00 ②13:30
    開始 ①10:30 ②14:00
    終了 ①12:30 ②16:00
[出演者]トルコ文化センター 日本人講師
[料金]参加費 2,500円
    ※材料費込 
[チケット情報]受付開始 5月29日(土)9:00~
  WEB:専用フォームからご応募いただけます。
  郵送・FAX・来館:所定の応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、
          郵送、FAXまたは直接ご来館にてお申込みください。
          応募用紙はこちら
          宛先:〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2シークレイン内
             鶴見区民文化センターサルビアホール 「サルビアアカデミー」係
             TEL 045-511-5711
[会場]横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール リハーサル室
    (横浜市鶴見区鶴見中央1丁目31-2)
[アクセス]JR鶴見駅東口より徒歩2分
[主催]横浜市鶴見区民文化センター
[お問合せ]横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール
      TEL:045-511-5711
[公式ウェブサイト]http://www.salvia-hall.jp/

  • 地域
    横浜市(ベイエリアを除く)

横浜市鶴見区民文化センター サルビアホールは、鶴見駅前の複合ビル「シークレイン」内にあります。様々な文化芸術活動に利用できるホール、楽器本来の響きを楽しむ演奏に適した音楽ホール、可動式パネルを備えたギャラリー、リハーサル室、練習室など、多様な文化芸術活動・鑑賞の場としてご利用いただけます。

  • 住所
    神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2 シークレイン内
  • 電話
    045-511-5711
  • 営業時間
    9:00〜22:00(受付は21:00まで) 【休館日】第3水曜日(祝日の場合は第2水曜日)、年末年始(12/29〜1/3)
  • 駐車場
    無(駐車場は有料のシークレイン共用駐車場のみとなっております。なるべく公共交通機関にてお越しください。)
  • URL

Map

このスポットの記事
関連記事