Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
企画展「東京五輪・パラリンピック報道展 幻の一九四〇東京五輪からTOKYO2020まで」
写真
2021.05.29

企画展「東京五輪・パラリンピック報道展 幻の一九四〇東京五輪からTOKYO2020まで」

ニュースパーク(日本新聞博物館) 開催期間:2021.04.26〜2021.09.25
101日後に終了

「企画展「東京五輪・パラリンピック報道展 幻の一九四〇東京五輪からTOKYO2020まで」」

幻となった1940年、高度成長の契機となった1964年、コロナ禍に翻弄(ほんろう)される2020年の東京五輪やパラリンピックを、どのように新聞が報道してきたかを紹介します。

企画展「東京五輪・パラリンピック報道展 幻の一九四〇東京五輪からTOKYO2020まで」
[開催日時] 4月24日(土)~9月26日(日)
[時間]10時~16時30分(最終入館は16時)
[休館日]月曜日(祝日・振替休日の場合は次の平日)
[会場]ニュースパーク(日本新聞博物館)2階 企画展示室
※展示室の1/4スペース
※企画展「伝える、寄り添う、守る――『3・11』から10年」と同時開催
[アクセス]
[主催]ニュースパーク(日本新聞博物館)
[協力]公益財団法人新聞通信調査会
    東京写真記者協会
[後援]横浜市市民局
[公式ウェブサイト]https://newspark.jp/exhibition/ex000233.html

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

ニュースパーク(日本新聞博物館)は2016年7月20日、情報社会と新聞・ジャーナリズムの役割を体験しながら学べる施設に生まれ変わりました。2019年4月には、歴史展示ゾーンを拡充した新常設展示室をオープンさせました。新聞記者のオンとオフをタッチパネル展示で紹介するなど、楽しく学ぶ仕掛けがたくさんあります。取材体験ゲーム「横浜タイムトラベル」は、横浜の街並みを再現したジオラマにタブレットをかざして過去にタイムスリップ。ペリー来航と日米和親条約の締結、日本大通りや山下公園の誕生の秘密といった横浜の謎を取材して解明します。企画展やさまざなイベントを実施しているほか、ご希望の方には、来館記念新聞を作成しお渡ししています。

  • 住所
    神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
  • 電話
    045-661-2040
  • 営業時間
    10:00〜16:30 (入館は16:00まで)※新型コロナウイルス対応 【休館日】月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、12/29〜1/4  ※感染症拡大防止のため、予約制・入れ替え制を実施しています。
  • 料金
    【入館料】一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料
  • URL

Map

このスポットの記事
関連記事