Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
神奈川県立歴史博物館が所蔵する国の重要文化財「十王図」(10幅)を公開
美術・写真
2021.06.24

神奈川県立歴史博物館が所蔵する国の重要文化財「十王図」(10幅)を公開

神奈川県立歴史博物館 開催期間:2021.07.17〜2021.08.29
36日後に終了

「重要文化財修理完成記念 十王図」

当館が所蔵する「十王図」(10幅)は中国南宋時代の作として国の重要文化財に指定されています。このたび五カ年にわたる修理事業が完了したことをうけて、全幅を修理後初めて公開いたします。
 十王とは、人の死後に亡者の罪の軽重をただすと考えられた10人の判官を指し、唐時代中後期成立の経典に説かれ信仰が盛んとなってから、断続的に絵画化されました。日本においては大陸制作の請来仏画を範として写本が多数制作されましたが、たとえ同一系統の転写本であっても、細部の図像にはそれぞれ違いが見て取れます。絵画制作にあたり、何を写すか、どんな要素を追加あるいは省略するか、という選択の背後には、冥界をいかに見るか、見たいか、あるいは見せたいかという、絵画制作者や享受者の心性が見て取れるといえるでしょう。見えないはずの冥界を可視化し、その画像の前で自らの死後の安楽を願い、また近親者の冥福を祈る、そして大切な一具の十王図をときに修理しながら守り伝える。図像転写の具体相や解体修理で判明した過去の修理の痕跡を確認しながら、十王図を作り、いまに伝えた人々の思想を考えます。
※本展示の観覧には、すべてのお客様において日時の事前予約が必要となります。


重要文化財修理完成記念 十王図
[日程]2021年7月17日(土)~8月29日(日)
    ※休館日:月曜日(8月9日は開館)
[時間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
[会場]神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室
[料金]<特別展・常設展セット料金>
    一般 1,100円/20歳未満・学生 700円/65歳以上 250円/高校生 200円
    <特別展のみ>
    一般 900円/20歳未満・学生 600円/65歳以上 200円/高校生 100円
    <常設展のみ>
    一般 300円/20歳未満・学生 200円/65歳以上 100円/高校生 100円
※中学生以下・障害者手帳等をお持ちの方は無料。
※神奈川県立の博物館等の有料観覧券の半券提出による割引制度あり
[主催]神奈川県立歴史博物館
[公式ウェブサイト]https://ch.kanagawa-museum.jp/exhibition/6336

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

横浜市中区の馬車道と本町通りとの交差点に近い辺り、南仲通りと弁天通りとの間の一角に神奈川県立歴史博物館がある。旧横浜正金銀行の建物を利用したこの博物館はその堂々とした外観を見るだけでも興味深いが、博物館としての展示もかなりの充実度で、歴史に興味のある人にとっては見逃せないものだと言って良い。

Map

関連記事