Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
岡本太郎の心の中を感じ、見る側の心が動く瞬間をお楽しみください。
美術・写真
2021.08.03

岡本太郎の心の中を感じ、見る側の心が動く瞬間をお楽しみください。

川崎市岡本太郎美術館 開催期間:2021.07.08〜2021.10.11
16日後に終了

「常設展 太郎さんの心の中を楽しもう!」

岡本太郎の作品からは、じつにさまざまな感情があふれだしています。
絵画にとどまらず、壁画や彫刻、家具や日用品といったプロダクトデザインに至るまで、
まるで太郎さんの感情そのものが創作の源泉になっているようです。作品の前に立つと、
不思議な表情に笑ってしまったり、びっくりさせられたり、激しい色彩に気持ちを揺さぶられたり、
見ているこちら側もいろんな感情を呼び起こされてきませんか?
本展では、ユーモラスな表情が来館者からも人気の《坐ることを拒否する椅子》約20点を一堂に展示いたします。
また展示の一部は、あえて作品名を付けていませんので、タイトルに縛られず、
ぜひイマジネーションを膨らませてみてください。
小さな子どものように、にこにこ笑いながら作品とにらめっこをしたり、眉間にしわを寄せながら
恐る恐る作品に立ち向かったり……。「見ることは、創ること」という太郎さんの言葉どおり、
作品を通して岡本太郎の心の中を感じ、見る側の心が動く瞬間も楽しんでいただけたら幸いです。

常設展 太郎さんの心の中を楽しもう!
[日時]2021年7月8日(木)〜10月11日(月)
    ※休館日:月曜日(8月9日、9月20日、10月11日を除く)、
             8月10日(火)、9月21日(火)、24日(金)
[時間]9:30〜17:00(入館16:30まで)
[会場]岡本太郎美術館
[観覧料]7月8日(木)~7月16日(金) ※常設展のみ開催
    一般 500円/高・大学生・65 歳以上 300円
    7月17日(土)~10月11日(月) ※企画展とのセット料金
    一般900 円/高・大学生・65 歳以上 700円
    ※中学生以下は無料
[公式ホームページ]https://www.taromuseum.jp/exhibition.html

  • 地域
    川崎市

20世紀の日本を代表する芸術家、岡本太郎が逝去した3年後の1999年に開館した市立美術館。岡本太郎より川崎市に寄贈された作品1779点が所蔵・展示されています。企画展、常設展をはじめ、美術館ツアーやワークショップなどさまざまなイベントも行われています。

岡本太郎美術館のシンボルタワーといえば、高さ30mの「母の塔」。「大地に深く根ざした巨木のたくましさ」と「ゆたかでふくよかな母のやさしさ」、「天空に向かって燃えさかる永遠の生命」をイメージして制作された原型をもとに、岡本太郎の意図を忠実に再現して製作されました。

  • 住所
    神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
  • 電話
    044-900-9898
  • 営業時間
    9:30〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】月曜日(月曜が祝日の場合は翌日 ※但し翌日が土日にあたる場合を除く)、年末年始、ほかに臨時休館あり
  • 駐車場
    無 ※お車をご利用の場合は、生田緑地駐車場(有料)をご利用ください。
  • 平均利用額
    【観覧料】期間、展覧会によって料金は異なります。詳しくは展覧会情報または美術館の公式サイトでご確認ください。
  • URL

Map

このスポットの記事
関連記事