Loading...

MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
一葉の貴重な資料の数々を展示するとともに、時代の空気、作品の背景などをひもとき、その普遍的な魅力を伝えます。
その他
2021.09.30

一葉の貴重な資料の数々を展示するとともに、時代の空気、作品の背景などをひもとき、その普遍的な魅力を伝えます。

神奈川近代文学館 開催期間:2021.10.02〜2021.11.28
34日後に終了

「特別展「樋口一葉展―わが詩は人のいのちとなりぬべき」」

明治半ば、肺結核のためにわずか24歳6ヵ月の短い生涯を閉じた樋口一葉(1872~1896)。困窮のなかで作品を生み出し、特に1894年(明治27)12月発表の「大つごもり」以降、死の直前までのわずかな間に「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」などの名作を次々に発表し、文学史上に不朽の名を残しています。
雅俗折衷体で書かれた一葉の作品は、現代人には一見馴染みにくいものかもしれません。しかし、家族制度や女性差別、貧困などのなかで苦闘し続けた一葉の人生、そして作中人物が背負っている闇は、現代社会にも通じる問題を孕んでいます。本展では、一葉の貴重な資料の数々を展示するとともに、時代の空気、作品の背景などをひもとき、その普遍的な魅力を伝えます。
※感染予防対策を徹底するため、展覧会をご覧になる際には、日時指定事前予約を必ずお願いいたします。

特別展「樋口一葉展―わが詩は人のいのちとなりぬべき」
[日程]2021年10月2日(土)~11月28日(日)
    ※休館日:月曜日
[時間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
[会場]神奈川近代文学館第2・3展示室
[料金]一般 800円/65歳以上・20歳未満及び学生 400円/高校生 100円
    中学生以下 無料
[予約申込フォーム]https://www.kanabun.or.jp/exhi-reserve-form/
[編集委員]藤沢周
[主催]県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
[特別協力]公益財団法人日本近代文学館、台東区立一葉記念館、山梨県立文学館
[後援]NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk
[協賛]岩波書店、京急電鉄、相模鉄道、東急電鉄、横浜高速鉄道
    神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
[広報協力]KAAT 神奈川芸術劇場、こまつ座
[公式ホームページ]https://www.kanabun.or.jp/exhibition/15455/
[お問い合わせ先]公益財団法人神奈川文学振興会 045-622-6666

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

  • 住所
    神奈川県横浜市中区山手町110
  • 電話
    045-622-6666
  • 営業時間
    展示室(有料)9:30〜17:00(入場は16:30まで) 閲覧室(無料)9:30〜18:30(土・日・祝日は17:00まで) 貸会議室・和室・ホール(有料)9:30〜21:00
  • URL

Map

このスポットの記事
関連記事