コンテンツにスキップ
本州では初公開となる資料を含む最新の研究成果に基づいて、本州の古代文化とは大きく異なる、オホーツク文化の姿を描き出します。

本州では初公開となる資料を含む最新の研究成果に基づいて、本州の古代文化とは大きく異なる、オホーツク文化の姿を描き出します。

オホーツク文化とは、サハリン南部から北海道の東北部、千島列島にかけて、5世紀から9世紀頃に広がった古代文化です。本州でいえばほぼ古墳時代から古代にかけての時期に相当し、北方からやって来た大陸系の文化だと考えられています。アザラシなどの海獣狩猟と漁撈を生活の基盤としており、竪穴住居の奥にクマの頭を積み上げた祭壇を築くなど、独特の儀礼を行っていたことが分かっています。

東京大学大学院人文社会系研究科は、北海道北見市(旧常呂町)に設置した北海文化研究常呂実習施設を中心に、オホーツク文化の遺跡を多数発掘調査してきました。

オホーツク文化 ―あなたの知らない古代―

[日程]2021年10月16日(土)~12月26日(日)

    ※休館日:毎週月曜日

[時間]9:30~17:00(券売は16:30まで)

[場所]横浜ユーラシア文化館3階企画展示室、2階常設展示室一部

[観覧料]一般 500円/小・中学生 250円/横浜市内在住65歳以上 250円

[主催]東京大学大学院人文社会系研究科・同附属北海文化研究常呂実習施設

    横浜ユーラシア文化館

[共催]横浜市教育委員会

[協力]大阪府立近つ飛鳥博物館

[後援]朝日新聞横浜総局・神奈川新聞社、東京新聞横浜支局、毎日新聞横浜支局

    読売新聞横浜支局、NHK横浜放送局、TVK

[公式ウェブサイト]こちら

開催概要

日程
場所

横浜ユーラシア文化館

横浜ユーラシア文化館

2003年3月に開館。東洋学者、江上波夫氏が横浜市に寄贈した考古・歴史・美術・民族資料約2,500点、文献資料25,000点を収蔵するミュージアムです。ユーラシア各地の文化を、「砂漠と草原」「色と形」「技」「装う」「伝える」「交流」のコーナーに分けて展示。
【入館料】一般¥200、小・中学生¥100
※特別展・企画展開催中は料金が変更になる場合があります。

施設について アクセス

イベント

  • 落語を中心とした寄席形式の公演です。

    落語を中心とした寄席形式の公演です。

    2022.07.05
  • 映画館が一館もない映画の都鎌倉で皆様に愛される映画をセレクトして上映します!!

    映画館が一館もない映画の都鎌倉で皆様に愛される映画をセレクトして上映します!!

    2022.07.05
  • 歌川広重「相州江の嶋弁才天開帳詣本宮岩屋の図」

    歌川広重「相州江の嶋弁才天開帳詣本宮岩屋の図」

    2022.07.05
  • 一之輔師匠の江戸情緒溢れる落語を聴いて、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!

    一之輔師匠の江戸情緒溢れる落語を聴いて、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!

    2022.07.06

関連記事