コンテンツにスキップ
近年人気の高い伊藤若冲や田中一村、速水御舟らの名品が一堂に!
美術・写真

近年人気の高い伊藤若冲や田中一村、速水御舟らの名品が一堂に!

本展は、前期:春夏編、後期:秋冬編に分け、四季折々の自然や風物を題材とした絵画や陶磁、漆工などの工芸品を合わせて約100件展示し、季節の移ろいがどのように表現されてきたかをご紹介します。

伊藤若冲、田中一村、喜多川歌麿など当館を代表するコレクションが勢揃いいたしますので、ぜひご注目ください。

春夏編 ―若冲・御舟・一村など―
「花鳥風月」とは、美しい自然の景色のことで、風流な遊びをも意味します。前期には、日本人にもっとも身近な春の花・桜から始まり、初夏の牡丹や燕子花、そして舟遊びや夏美人といった盛夏の風物詩
をテーマとした作品をご紹介します。花の美しさを丁寧に表したもの、ひな祭りや花見などの行事に目を向けたもの、和歌や物語、名所のイメージを重ねたものなど、様々な角度から春・夏を表現しています。例えば、夏美人図に描かれた単衣のきものや朝顔には、夏特有の風情が感じられ、日本人の美意識を反映しているようです。

特別展「花鳥風月 名画で見る日本の四季」(前期:春夏編)
[日時]2022年3月6日(日)~7月10日(日)
    午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
    ※休館日7月11日~15日
[会場]岡田美術館
[料金]一般・大学生 2,800円(2,550円)/小中高生 1,800円(1,550円)
    ※()内は前売り料金
[ホームページ]岡田美術館公式ホームページ

開催概要

日程
場所

岡田美術館

岡田美術館

岡田美術館は2013年10月、箱根・小涌谷に開館しました。全5階、展示面積約5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、日本・東洋の陶磁器や絵画などの美術品を常時約450点展示しています。日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。美術館の正面を飾るのは、現代日本画家・福井江太郎によって描かれた縦12メートル、横30メートルの風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」(2013年)です。観覧後は、100%源泉かけ流しの足湯カフェや、庭園散策をお楽しみいただけます。

施設について アクセス

関連イベント

  • 令和3年度 かながわ伝統文化こども歳時記開催

    令和3年度 かながわ伝統文化こども歳時記開催

    2022-02-11〜2022.02.11
  • サイレントシネマ&活弁ワールド 12

    サイレントシネマ&活弁ワールド 12

    2022-02-06〜2022.02.06
  • 若手を代表する名手、實川風と夢の共演

    若手を代表する名手、實川風と夢の共演

    2022-02-12〜2022.02.12
  • 国内トップレベルのMIYABI雅の2人が魅惑のデュオで競演!

    国内トップレベルのMIYABI雅の2人が魅惑のデュオで競演!

    2022-02-12〜2022.02.12

関連記事