コンテンツにスキップ
新年元日からの展示にあわせ、正月らしさを感じていただける作品を展示します。
美術・写真

新年元日からの展示にあわせ、正月らしさを感じていただける作品を展示します。

見どころは、臨春閣の障壁画のコーナーの日本画家・中島清之筆の「鶴図」。替え襖として描かれた現代の日本画で、11面の障壁画いっぱいに鶴が飛翔する画面は迫力ある豪華なものです。
また、三溪が厚く支援した下村観山による「老松」もおすすめ。大画面に墨だけを使い、松とコウモリを一気呵成に描いた絵は存在感たっぷりです。

所蔵品展「四季のうつろい―初春 寿ぎのかたち」・「臨春閣の障壁画 中島清之 鶴図」
[日程]2022年1月1日(土祝)~2月9日(水)
[時間]9:00~17:00(入園は16:30まで)
[会場]三溪園 三溪記念館 第1・第2展示室
[料金]無料(入園料別途)
    ※大人(高校生以上)700円/こども(小学生・中学生)200円
     横浜市内在住65歳以上 (濱ともカードをご提示ください)200円
[公式ホームページ]こちら

開催概要

日程
場所

三溪園

三溪園

Sankei Garden is a Japanese-style garden in Honmoku, built by Sankei Hara, who made his fortune trading silks. Its buildings such as the Rinshunkaku, Tōmyō-ji former three-story pagoda and some others are designated as Important Cultural Properties. Sankei Hara is also known for his deep knowledge of arts and for his support and developing of young artists. The works of such painters as Taikan Yokoyama, Kanzan Shimomura and Seison Maeda were also born here, in Sankei garden. The garden is also famous for its marvelous plums, cherry blossoms, azaleas, beautiful autumn leaves and is very popular among foreign tourists.

施設について アクセス

関連イベント

  • 令和3年度 かながわ伝統文化こども歳時記開催

    令和3年度 かながわ伝統文化こども歳時記開催

    2022-02-11〜2022.02.11
  • サイレントシネマ&活弁ワールド 12

    サイレントシネマ&活弁ワールド 12

    2022-02-06〜2022.02.06
  • 若手を代表する名手、實川風と夢の共演

    若手を代表する名手、實川風と夢の共演

    2022-02-12〜2022.02.12
  • 国内トップレベルのMIYABI雅の2人が魅惑のデュオで競演!

    国内トップレベルのMIYABI雅の2人が魅惑のデュオで競演!

    2022-02-12〜2022.02.12

関連記事