コンテンツにスキップ
葉祥明 新刊原画展『しあわせの小径』
美術・写真

葉祥明 新刊原画展『しあわせの小径』

1973年に絵本作家としてデビューし、メルへ作家として一時代を築いた葉祥明。1980年代後半から環境問題や社会問題を絵本で表現し、地雷撤去のチャリティ絵本の『地雷ではなく花をください』は反響を呼びました。1991年には北鎌倉に葉祥明美術館を開館し、情報提供の場として、また癒しの空間として親しまれています。最新刊の『しあわせの小径』は開館してから30年が経ち初めて北鎌倉 葉祥明美術館にスポットあてた詩画集です。
緑豊かな北鎌倉の空気を感じ、駅から北鎌倉に向かうまでのアプローチをイメージした言葉から、美術館に訪れて感じる葉祥明の世界を小さな本に集約しました。
実際に訪れ、その感動を体感して下さい。

新刊原画展『しあわせの小径』
[日時]2022年3/26(土)〜2022年5/27 (金)
[時間]10:00〜17:00
    ※ 最終入館は閉館30分前。
[会場]北鎌倉 葉祥明美術館
[入館料]大人 600円/小・中学生 300円
[公式ホームページ]こちら

開催概要

日程
場所

北鎌倉 葉祥明(ようしょうめい)美術館

北鎌倉 葉祥明(ようしょうめい)美術館

葉祥明の水彩画、油彩画、デッサン、直筆言葉、そして様々なテーマを扱った絵本をご覧頂けます。
広々とした緑の草原と透明感あふれる青空、そしてぽつんと描かれた家や木、人、動物たち…。やなせたかし氏に「空気を描く」と言われたその画風は多くの人の支持を集め、今なお、見る人の心に風を届け、優しい気持ちにしてくれます。
当館ではそれらの原画である作品の数々を約80点常時展示し、1階の常設展示室では年に6回、2階の各部屋では四季折々の作品をご覧頂けます。お庭には大きな6本の“アメリカ楓”と季節ごとに白いアジサイや白いバラが咲くお庭があり、訪れるお客さまを絵本の世界へと誘います。美しい原画の数々、言葉の数々を通して疲れた心を癒し、安らぎのひと時を過ごしていただければ幸いです。
[画像4枚目]「春の風」
〈アクセス〉JR横須賀線北鎌倉駅下車 徒歩7分

施設について アクセス

関連イベント

  • 屋外の開放的な空間で、格式ある舞台を気軽に楽しむ

    屋外の開放的な空間で、格式ある舞台を気軽に楽しむ

    2022.05.24
  • JUJU HALL TOUR 2022 開催!!

    JUJU HALL TOUR 2022 開催!!

    2022.05.24
  • ユーフォニアムの演奏と季節の歌をお届けします♪

    ユーフォニアムの演奏と季節の歌をお届けします♪

    2022.05.24
  • 踊りや手遊び、パネルシアターなどで、表現することの楽しさを味わいます。

    踊りや手遊び、パネルシアターなどで、表現することの楽しさを味わいます。

    2022.05.24

関連記事