コンテンツにスキップ
「現在(いま)」をご紹介するとともに、美術館の未来とコレクションの可能性を探ります。
美術・写真

「現在(いま)」をご紹介するとともに、美術館の未来とコレクションの可能性を探ります。

2002年9月6日に開館したポーラ美術館は、開館以来、ポーラ創業家二代目の鈴木常司(1930-2000)が戦後約40年をかけて収集したコレクションを公開し、これを基盤としてさまざまな企画展を開催してきました。

2012年の開館10周年を機に、当館は森の遊歩道の整備と開放、野外彫刻の設置、現代美術ギャラリーの開設、体験型の展示の開催、ラーニング・プログラムの実施など、その活動を広げてきました。また、近年では従来のコレクションに加えて、20世紀から現代までの美術の展開を跡づけるために重要な作品の収集を行っています。本展覧会は、鈴木常司が収集したコレクションと、近年新収蔵した作品を合わせて紹介する初の機会となります。

本展を企画するにあたり、主要なテーマを「光」としました。クロード・モネをはじめとする印象派の画家たちは光の表現を追究していますが、ゲルハルト・リヒターやケリス・ウィン・エヴァンスなどの現代の作家たちの作品にも、光への強い関心をうかがうことができます。本展覧会では、ポーラ美術館のコレクションの「現在(いま)」をご紹介するとともに、美術館の未来とコレクションの可能性を探ります。

「モネからリヒターへ ―新収蔵作品を中心に」展 
[開催日]2022年4月9日(土)~ 9月6日(火)
     ※会期中無休
[時間]9:00~17:00(入館は16:30まで)
[会場]ポーラ美術館 展示室1‐5、 アトリウム ギャラリー、 アトリウム ロビー、 森の遊歩道
[料金]大人 1,800円/シニア割引(65歳以上)1,600円/大学・高校生 1,300円
    中学生以下 無料/障がい者手帳をお持ちのご本人及び付添者 1,000円
[主催]公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
[ホームページ]こちら

開催概要

日程
場所

ポーラ美術館

ポーラ美術館

ポーラ美術館は「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに、2002年に神奈川県箱根町に開館いたしました。ポーラ美術館のコレクションは、ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集したもので、西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、東洋陶磁、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など総数1万点にのぼります。箱根の自然と景観に配慮した建物は、高さを地上8mにおさえ、建物の多くを地下に置き、森に溶け込むような形にしています。また、富士箱根伊豆国立公園内という豊かな自然をより楽しんでいただくため、2013年7月に遊歩道をグランドオープンしました。ブナ・ヒメシャラが群生する森で、美術作品とあわせて自然散策もお楽しみ頂けます。

 

モネ、ルノワールなど印象派を中心とした西洋絵画のコレクションは日本最大級。箱根という観光地にありながら、本格的な美術作品をゆったりと鑑賞していただけます。こだわりのひとつとして、展示室の照明は、印象派の作品が美しく鑑賞できるよう「7月のパリの夕暮れ」に設定しています。ほかにも、毎回の企画展テーマにあわせてオリジナルグッズやレストランのコースメニューを刷新するなど、展覧会や季節ごとに訪れても飽きずに楽しんでいただけます。光あふれる建築空間で、豊富なコレクションや、現代で第一線で活躍するアーティストの作品にふれるひとときをお過ごしください。

施設について アクセス

関連イベント

  • 屋外の開放的な空間で、格式ある舞台を気軽に楽しむ

    屋外の開放的な空間で、格式ある舞台を気軽に楽しむ

    2022.05.24
  • JUJU HALL TOUR 2022 開催!!

    JUJU HALL TOUR 2022 開催!!

    2022.05.24
  • ユーフォニアムの演奏と季節の歌をお届けします♪

    ユーフォニアムの演奏と季節の歌をお届けします♪

    2022.05.24
  • 踊りや手遊び、パネルシアターなどで、表現することの楽しさを味わいます。

    踊りや手遊び、パネルシアターなどで、表現することの楽しさを味わいます。

    2022.05.24

関連記事