コンテンツにスキップ
ときに愛らしく、時に鋭くアヴァンギャルドな絵の世界をお楽しみ下さい。
美術・写真

ときに愛らしく、時に鋭くアヴァンギャルドな絵の世界をお楽しみ下さい。

TOP画:©Seiichi Horiuch
    『ぐるんぱのようちえん』1965年
    『たろうのおでかけ』1963年
    『こすずめのぼうけん』1976年
    すべて部分

企画展「堀内誠一 絵の世界」
[日程]2022年7月30日(土)~9月25日(日)
    ※休館日:月曜日(9月19日は開館)
[時間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
[場所]神奈川近代文学館第2・3展示室
[観覧料]一般 600円/65歳以上・20歳未満及び学生 250円/高校生 100円/中学生以下は無料
[主催]県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
[特別協力]特別協力 堀内事務所
[協力]福音館書店、マガジンハウス
[企画協力]アートキッチン
[後援]神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)、NHK横浜放送局
    FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk
[協賛]東急電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
[広報協力]KAAT 神奈川芸術劇場
[ホームページ]こちら

開催概要

日程
場所

神奈川近代文学館

神奈川近代文学館

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

施設について アクセス

イベント

  • 2020ピティナ特級グランプリ栄区出身、尾城杏奈による地元凱旋ピアノリサイタル

    2020ピティナ特級グランプリ栄区出身、尾城杏奈による地元凱旋ピアノリサイタル

    2022.08.10 開催中
  • 雲助の魅力いっぱいの公演です。

    雲助の魅力いっぱいの公演です。

    2022.08.10 開催中
  • 宇宙から見たサブカル大研究をご紹介いたします!

    宇宙から見たサブカル大研究をご紹介いたします!

    2022.08.10〜2022.09.04 開催中
  • わたしたち、これからどこに行くの?天国と地獄の分かれ道で、なくした記憶を探すおしばい。

    わたしたち、これからどこに行くの?天国と地獄の分かれ道で、なくした記憶を探すおしばい。

    2022.08.10〜2022.08.21 開催中

関連記事