コンテンツにスキップ

新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染症に関連する、文化イベント情報 最新情報はこちら

第55回クリスマス音楽会 ヘンデル「メサイア」全曲
県民文化祭音楽

第55回クリスマス音楽会 ヘンデル「メサイア」全曲

50年以上の歴史をもつ音楽堂の「メサイア」が2年の時を経て帰ってきます!
大塚直哉による指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、古楽界を担うソリストと県民合唱が歌いあげる、希望に満ちた「メサイア」にご期待ください!

第55回クリスマス音楽会 ヘンデル「メサイア」全曲
[日程]2022年12月11日(日)
[時間]14:30開演(13:45開場)
[場所]神奈川県立音楽堂 ホール
[出演]指揮:大塚直哉 
    管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
    ソプラノ:藤井冴
    カウンターテナー:上杉清仁 
    テノール:櫻田亮 
    バリトン:加耒徹 
    合唱:神奈川県合唱連盟/音楽堂「メサイア」未来プロジェクト合唱団
[料金]全席指定
    一般 2,500円/車椅子 2,500円(付添1名無料・枚数限定・要事前予約)
[ホームページ]こちら
[お問い合わせ先]チケットかながわ TEL:0570-015-415(受付時間:10:00~18:00)

開催概要

日程
場所

神奈川県立音楽堂

神奈川県立音楽堂

神奈川県立音楽堂は、1954年、公立施設としては日本で初めての本格的な音楽専用ホールとして開館しました。ロンドンのロイヤルフェスティバルホールをモデルに、最高の音響効果をあげるように設計されたホールは、開館当時『東洋一の響き』と絶賛され、その響きは今も国内はもちろん海外からも高い評価を受けています。ホールの壁面はすべて「木」で作られており、そのアコースティックな響きは開館から60年を経た今でも人々に感動をあたえつづけています。また、地域に根ざした優れた公共施設として1998年に建設省より「公共建築百選」に選ばれ、加えて1999年には20世紀の重要な文化遺産である建築としてDOCOMOMO(ドコモモ)(近代運動にかかわる建物・環境形成の記録調査および保存のために設立された国際的組織)より「日本におけるモダン・ムーブメントの建築20選」に選ばれました。

施設について アクセス

イベント

  • よこはま落語会第100回記念公演~喬太郎・三三・兼好・一之輔・宮治の会~

    よこはま落語会第100回記念公演~喬太郎・三三・兼好・一之輔・宮治の会~

    2022.11.30 開催中
  • 世代を超えた、対等な音楽の会話、今や黄金のデュオとも言うべき共演。

    世代を超えた、対等な音楽の会話、今や黄金のデュオとも言うべき共演。

    2022.11.30 開催中
  • 山手通りの木々が色づきはじめるこの季節に42回目のてんらんかいを開きます。

    山手通りの木々が色づきはじめるこの季節に42回目のてんらんかいを開きます。

    2022.11.30〜2022.12.04 開催中
  • 夢想や思索を掻き立てる宇宙の神話や図像学との詩的な関係を提案する写真作品を展示。

    夢想や思索を掻き立てる宇宙の神話や図像学との詩的な関係を提案する写真作品を展示。

    2022.12.01〜2022.12.11