コンテンツにスキップ

新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染症に関連する、文化イベント情報 最新情報はこちら

クラシック音楽界を席巻する川崎出身の新星、神奈川フィルと待望の初共演!!
音楽

クラシック音楽界を席巻する川崎出身の新星、神奈川フィルと待望の初共演!!

神奈川県ゆかりの若く才能ある音楽家を紹介す“フレッシュ・コンサート”が17回目の開催を迎えます。今回も、若手演奏会の登竜門とも言われる「東京音楽コンクール」で第1位を獲得したヴァイオリニスト福田麻子氏と、新星のように現れ、クラシック音楽界を席巻する指揮者 坂入健司郎の2名の音楽家がその舞台に登場!新年の歓びを祝う華やかな演奏が神奈川県立音楽堂の舞台を満たすことでしょう。どうぞ、お楽しみに!!

第17回フレッシュ・コンサート For Future
[日時]2023年1月9日(月曜日)14:00開演
[会場]神奈川県立音楽堂 座席表
[指揮者]坂入健司郎
[共演者]福田麻子(ヴァイオリン)
[主な演目]イベール/モーツァルトのオマージュ
      サン=サーンス/ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調Op.61
      モーツァルト/交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」
[料金]一般 ¥3,000  ユース(25歳以下)¥1,500
[チケット発売日]神奈川フィル定期会員、ブルーダルフューチャー寄付者先行発売日:2022年9月6日(火)
         一般発売日:2022年9月13日(火)
[チケットのお申込み]神奈川フィル・チケットサービス 045-226-5107(平日10:00-18:00) 
           チケットの購入はこちらから
[助成]文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
[ホームページ]こちら

開催概要

日程
場所

神奈川県立音楽堂

神奈川県立音楽堂

神奈川県立音楽堂は、1954年、公立施設としては日本で初めての本格的な音楽専用ホールとして開館しました。ロンドンのロイヤルフェスティバルホールをモデルに、最高の音響効果をあげるように設計されたホールは、開館当時『東洋一の響き』と絶賛され、その響きは今も国内はもちろん海外からも高い評価を受けています。ホールの壁面はすべて「木」で作られており、そのアコースティックな響きは開館から60年を経た今でも人々に感動をあたえつづけています。また、地域に根ざした優れた公共施設として1998年に建設省より「公共建築百選」に選ばれ、加えて1999年には20世紀の重要な文化遺産である建築としてDOCOMOMO(ドコモモ)(近代運動にかかわる建物・環境形成の記録調査および保存のために設立された国際的組織)より「日本におけるモダン・ムーブメントの建築20選」に選ばれました。

施設について アクセス

イベント

  • よこはま落語会第100回記念公演~喬太郎・三三・兼好・一之輔・宮治の会~

    よこはま落語会第100回記念公演~喬太郎・三三・兼好・一之輔・宮治の会~

    2022.11.30 開催中
  • 世代を超えた、対等な音楽の会話、今や黄金のデュオとも言うべき共演。

    世代を超えた、対等な音楽の会話、今や黄金のデュオとも言うべき共演。

    2022.11.30 開催中
  • 山手通りの木々が色づきはじめるこの季節に42回目のてんらんかいを開きます。

    山手通りの木々が色づきはじめるこの季節に42回目のてんらんかいを開きます。

    2022.11.30〜2022.12.04 開催中
  • 夢想や思索を掻き立てる宇宙の神話や図像学との詩的な関係を提案する写真作品を展示。

    夢想や思索を掻き立てる宇宙の神話や図像学との詩的な関係を提案する写真作品を展示。

    2022.12.01〜2022.12.11

関連記事