新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染症に関連する、文化イベント情報 最新情報はこちら

コンテンツにスキップ
【要事前予約】講演とシンポジウム ウクライナの核危機 林京子を読む
講座・ワークショップ

【要事前予約】講演とシンポジウム ウクライナの核危機 林京子を読む

TOP画:青来有一(本人提供)

いま世界は冷戦期以降、最大の危機に直面していると言えます。
ロシアのウクライナ侵攻は、全世界に核世界の危うさと理不尽さを見せつけることになりました。我々はただ呆然とするのではなく、市民として文学者として何が出来うるのかを話し合い考え合う必要があると思います。
我らは、かつて核の問題を自身の問題として深く追い求め文学として昇華した一人の作家を知っています。そうです。林京子です。彼女の文学こそが今まさに読み直され語り継がれるべき時です。
2023年2月は、ロシアによるウクライナ侵攻から1年、林京子さん没後6年です。核へのそれぞれの思いを語り合いませんか。

【要事前予約】講演とシンポジウム ウクライナの核危機 林京子を読む
[日程]2023年2月23日(木祝)
[時間]13:00開演(12:30開場)
[場所]神奈川近代文学館 展示館2階ホール
[出演]第1部 講演「林京子が言い残したこと」
    【講師】青来有一(作家)
    第2部 シンポジウム「いま文学者として何ができるか」
    【出演】川村湊(文芸評論家)、青来有一、宮内勝典(作家)、村上政彦(作家)
        森詠(作家)
[料金]一般 1,200円(友の会会員 1,000円) 
[申込方法]https://airrsv.net/kanabun/calendar/menuDetail/?schdlId=T00260849B
[主催]林京子さんの人と文学を語る会
[共催]県立神奈川近代文学館、(公財)神奈川文学振興会
[後援]日本文藝家協会、日本ペンクラブ、神奈川新聞社、集英社すばる編集部
    かまくら春秋社、脱原発社会をめざす文学者の会
[ホームページ]こちら
[お問い合わせ先]公益財団法人神奈川文学振興会 総務課 TEL:045-622-6666

開催概要

日程
場所

神奈川近代文学館

神奈川近代文学館

当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

施設について アクセス

イベント

  • 宝塚歌劇雪組 神奈川芸術劇場公演 ミュージカル・フォレルスケット『海辺のストルーエンセ』

    宝塚歌劇雪組 神奈川芸術劇場公演 ミュージカル・フォレルスケット『海辺のストルーエンセ』

    2023.02.03〜2023.02.12 開催中
  • 落語を中心とした寄席形式の公演です③

    落語を中心とした寄席形式の公演です③

    2023.02.03 開催中
  • カラフルで力強い世界をお楽しみください。

    カラフルで力強い世界をお楽しみください。

    2023.02.03〜2023.02.05 開催中
  • 「カナガワ リ・古典プロジェクト in 相模原」を開催します!

    「カナガワ リ・古典プロジェクト in 相模原」を開催します!

    2023.02.04〜2023.02.05