MAGCUL マグカル

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
2018
3月
05
開港記念会館で味わうバロック・オペラ~優雅なインドの国々〜

2009年に横浜開港150周年の記念行事としてスタートした開港記念会館での「開港記念コンサート」が今年も開催されます。アンサンブル山手バロッコ結成20周年の記念コンサートのテーマは「バロック・オペラ」。フランスバロックの最高のオペラ作曲家ラモーの名作を、由緒ある素晴らしい劇場で、声楽、器楽の古楽専門家の方々とともに奏でます。風薫る初夏を迎えた横浜で、いにしえのヴェルサイユの王侯貴族をとりこにしたオペラの世界を存分にご堪能ください。

 

開港記念会館で味わうバロック・オペラ〜優雅なインドの国々〜
アンサンブル山手バロッコ 第76回演奏会 結成20周年記念

[日時]5月26日(土)14:00〜(13:30開場)
[会場]横浜市開港記念会館 講堂
[出演]
ナビゲーター:朝岡聡(お話し、リコーダー)
ゲスト(声楽):原 雅巳、加藤 詩菜(ソプラノ)、山川 一江(アルト)、坂口 寿一(テノール)、小酒井 貴朗(バリトン)
ゲスト(器楽):小野萬里、片桐恵里(バロック・ヴァイオリン)、大山有里子、今西香菜子(バロック・オーボエ)、永谷陽子(バロック・ファゴット)、坪田一子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、寺村朋子(チェンバロ)
アンサンブル山手バロッコ:清野由紀子、曽禰寛純(フラウト・トラヴェルソ)、石野典嗣(バロック・オーボエ、バロック・ファゴット)、角田幹夫、原田純子、山口隆之(バロック・ヴァイオリン)、小川有紗(バロック・ヴィオラ)、飯塚正己(コントラバス)
[プログラム]J.Ph.ラモー:オペラ・バレー「優雅なインドの国々」(演奏会形式による抜粋)全5幕〈プロローグ ー 寛大なトルコ人 ー ペルーのインカ人 ー 花々、ペルシアの祝祭 ー 未開人たち〉
[料金](全席自由)当日券¥3,000、前売券・予約¥2,500
[予約・問合せ]045-664-5553(アンサンブル山手バロッコ)/電子メール(esyamasemi@yahoo.co.jp)へお名前、枚数を明記してご連絡ください。

横浜市開港記念会館(ジャック)

横浜を代表する塔、神奈川県庁の「キング」、横浜税関の「クイーン」、横浜市開港記念会館の「ジャック」。まだ高い建物がなかった昭和初期、外国船の船員は、横浜港から見えるこれらの塔を、親しみを込めてそう呼び、この塔に航海の安全を祈り、この塔を目印に入港したといいます。そんな昔の人にあやかり、今では三塔を一望できるスポットをまわると願いがかなう、との言い伝えも。毎年3月10日は「三塔の日」として、さまざまなイベントが開催されています。

  • ショップ・スポット名
    横浜市開港記念会館(ジャック)
  • 住所
    横浜市中区本町1丁目6番地
  • 電話
    045-201-0708

マップ