コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

かながわ伝統芸能祭「地芝居2018」

神奈川県立青少年センターホール

横浜市西区紅葉ヶ丘9-1

 近世以来、庶民の楽しみとして全国的に盛んであった地芝居の伝統は、今なお各地で生き続けており、本県でも五つの団体が活動しています。
 かながわ伝統芸能祭「地芝居」は、そうした地芝居をはじめ地域で伝統芸能を継承する団体をお招きし、活動成果を披露していただくものです。
 今回ご紹介する地芝居として、座間市の入谷歌舞伎保存会による「菅原伝授手習鑑―寺子屋の場―」をお送りします。また、地域の伝統芸能として、厚木市で伝承されている相模里神楽垣澤社中による新神楽舞「木花咲耶姫」と小田原市の外郎売の口上研究会による地元ゆかりの演目「外郎売」の口上と歌舞伎の名場面を基調とした創作舞台をお送りします。

ジャンル 伝統芸能
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 3月4日(日)
時間 開場 12:30  
開演 13:00
16:00終演予定
出演 <出演団体・当日プログラム>
(1)相模里神楽垣澤社中(厚木市) 祭囃子と獅寿子、新神楽舞「木花咲耶姫」
(2)外郎売の口上研究会(小田原市) 市川家歌舞伎十八番の内「外郎売」の口上と歌舞伎の名場面を基調とした創作舞台
(3)歌舞伎レクチャー「地芝居の楽しみ方-義太夫の魅力について-」
(4)入谷歌舞伎保存会(座間市) 「菅原伝授手習鑑-寺小屋の場-」
券種/料金 料金無料
※要事前申込
チケット情報 <申込方法>
次の(1)か(2)のいずれかの方法でお申込みください。なお、1回の申込につき、2名までの申込とさせていただきます。
(1)神奈川県ホームページから申込
URL→http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531320/p958476.html
(2)往復はがき
往復はがきに「行事名」と「申込代表者の氏名(ふりがな)」・「郵便番号」・「住所」・「電話番号」、「観覧希望人数」を明記し、「〒220-0044横浜市西区紅葉ヶ丘9-1 県立青少年センター舞台芸術課<地芝居係>」まで。」

<申込期限>
平成29年2月16日(金曜日)【必着】
チケット情報URL http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531320/p958476.html
お問い合わせ 県立青少年センター舞台芸術課

電話 045-263-4475
URL http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531320/p958476.html
主催 主催:かながわ伝統芸能祭実行委員会(事務局:県立青少年センター舞台芸術課)
後援:神奈川県教育委員会、座間市教育委員会、厚木市教育委員会、
小田原市教育委員会
助成:一般財団法人地域創造
この公演は、東京2020公認プログラムに認証されています。

神奈川県立青少年センターホール

横浜市西区紅葉ヶ丘9-1

アクセス
JR根岸線「桜木町駅」下車、「北改札」(西口)から徒歩約8分
横浜市営地下鉄線「桜木町駅」下車、徒歩約10分
京浜急行線「日ノ出町駅」下車、徒歩約13分
みなとみらい線「みなとみらい駅」下車、徒歩約20分