コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

脚本家・荒井晴彦が選ぶ戦争映画三選

横浜シネマリン

横浜市中区長者町6-95

横浜シネマリンでは8月8日より、戦後70周年記念作品として製作された荒井晴彦脚本・監督作『この国の空』を上映いたします。これに合わせ、本作脚本・監督を務めた荒井晴彦氏が選ぶ戦争映画3作品を上映します。第二次世界大戦の経験を日本映画がどう描いてきたか、これからどう描こうとするのかを、さまざまな年齢層のお客様に広くご覧いただく機会となれば幸いです。

上映作品
『春婦傳』(1965年/日活/白黒/96分)
8月12日(水)〜14日(金)、8月16日(日)〜18日(火)
『執炎』(1964年/日活/白黒/120分)
8月8日(土)〜10日(月)、8月20日(木)〜21日(金)
『赤線基地』(1953年/東宝/白黒/90分)
8月11日(火)、15日(土)、19日(水)

【トークショー】
8月15日(土)12:35『赤線基地』上映終了後、荒井晴彦氏のトークショーがございます。

『この国の空』の詳細はこちら

ジャンル 映画
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 8月8日(土) 〜 8月21日(金)
時間 12:30〜
券種/料金 旧作一律1,000円
お問い合わせ 横浜シネマリン TEL:045-341-3180
URL http://cinemarine.co.jp/arai_special/

横浜シネマリン

横浜市中区長者町6-95

アクセス
JR根岸線  関内駅 徒歩5分
横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
京浜急行 日ノ出町駅 徒歩5分