コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

常設展「敏子さん、岡本太郎のこと教えて。」展 (川崎市)

川崎市岡本太郎美術館

多摩区枡形7-1-5 生田緑地内

岡本太郎の秘書・岡本敏子(旧姓 平野)は、公私にわたるパートナーとして、また、活動を支える存在として活躍しました。太郎の没後、敏子の尽力によりメキシコで発見された「明日の神話」は、現在、太郎の代表作として知られています。本展では「明日の神話」の原画や、敏子が残した太郎の活動日誌などの貴重な資料を展示します。太郎の活動に大きな影響を与えた敏子の視点から、「芸術家 岡本太郎」をより深く知っていただく機会となりましたら幸いです。

ジャンル 展覧会・展示会
地域 川崎市
開催日 2月3日(土) 〜 4月15日(日)
時間 9:30~17:00(入館締切 16:30)
休館日 月曜日(2/12を除く)、2/13(火)、3/22(木)、3/23(金)
券種/料金 2月3日(土)~2月15日(木)までは常設展のみ
一般500円/高校・大学生・65歳以上300円/中学生以下無料
2月16日(金)~4月15日(日)までは下記の観覧料になります。
一般700円/高校・大学生・65歳以上500円/中学生以下無料
※企画展・常設展合わせてご覧いただけます。
お問い合わせ 川崎市岡本太郎美術館 
電話:044-900-9898
URL http://www.taromuseum.jp/
備考 ※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

川崎市岡本太郎美術館

多摩区枡形7-1-5 生田緑地内

アクセス
小田急線 向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約17分
小田急線 向ヶ丘遊園駅北口から 「専修大学行」バスに乗車、「専修大学前」下車、徒歩約6分
東急田園都市線 溝の口駅から 「向ヶ丘遊園駅東口行」バスに乗車、「生田緑地入口」下車、徒歩約8分