コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

第107回 川崎市定期能

川崎能楽堂

川崎市川崎区日進町1-37

第107回川崎市定期能「能と狂言」公演のご案内

今回は親しみやすい演目を二番揃え、初めて能を観る人にもお勧めの公演です。
能の大成者である観阿弥・世阿弥から約600年の伝統を受け継ぎ、能楽五流派のうち最大規模を誇る観世流に属する田邉哲久と観世恭秀がシテ(主役)を演じます。
第1部の能『巻絹』は、神に憑かれた巫女が登場するお話で、途中で豪華な衣裳に早替えもする、狂乱の舞いが見どころです。
第2部の能『葵上』は、源氏物語を典拠とする作品で、源氏の愛人である六条御息所が主人公です。高貴な女性の恋と妬み、嫉妬の執念を主題とした人気曲です。
また狂言は、京都でご馳走になった珍しい食べ物の名前が思い出せなくなってしまった太郎冠者のお話『文蔵』と、居杭という名の男が、頭にかぶると姿の消える頭巾を手に入れ、周囲の人々をからかう『居杭』の二番をお届けします。

ジャンル 伝統芸能
地域 川崎市
開催日 3月12日(土)
時間 第一部
13:00開演
(12:30開場)

第二部
15:30開演
(15:00開場)
出演 ■第1部
・狂言「文蔵」
山本 則孝(大蔵流)
・能 「巻絹」
田邉 哲久(観世流)

■第2部
・狂言「居杭」
山本泰太郎(大蔵流)
・能 「葵上」
観世 恭秀(観世流)
券種/料金 4,000円(全席指定)
チケット情報 川崎能楽堂
窓口・電話9:00~17:00
TEL:044-222-7995
お問い合わせ 川崎能楽堂(チケット取扱) 電話:044-222-7995
(公財)川崎市文化財団 電話:044-222-8821
URL http://homepage2.nifty.com/k-bunkazaidan/teikinoh/index.htm
備考 ◎主催 公益財団法人 川崎市文化財団

川崎能楽堂

川崎市川崎区日進町1-37

アクセス
■JR川崎駅東口より徒歩5分