コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

鎌倉からはじまった。1951-2016 PART 1: 1985-2016 近代美術館のこれから

神奈川県立近代美術館 鎌倉

鎌倉市雪ノ下2-1-53

第一弾となる「PART1: 1985-2016」では、1985年から2015年までに鎌倉館で開催した展覧会を取り上げます。この時期は、テオドール・ジェリコー、オットー・ディックス、ジョルジョ・モランディなど海外作家の大規模な展覧会と並行して、日本の近代美術の回顧展や独自の視点によるテーマ展などを積極的に開催しました。また、活躍中の作家を取り上げた「今日の作家たち」シリーズは、1988年から2007年までに11回を数えます。
さらに、日本の近代美術の海外への発信が活発になったのもこの時期の特徴であり、海外の美術館や研究者との共同企画による「ジョン・ラスキンと近代日本」、「モボ・モガ 1910-1935」展が開催されました。
2003年の葉山館オープンを機に三館体制となってからは、機能や設備の充実とともに美術館活動も多様化してきました。本展は、時代とともに成長し、変化を遂げてきた近代美術館の30年を作品と資料・写真によって振り返りつつ、これからを見据えていこうというものです。
なお、鎌倉別館では所蔵作品から選りすぐりの日本画を展示し、併陳として平成26年度の新収蔵作品を紹介いたします。

【 関連企画 】
・館長によるギャラリートーク 

4月26日(日)
・学芸員によるギャラリートーク 
5月3日(日)6月7日(日)
・学芸員によるギャラリートーク 
日本画の部(併陳:平成26年度新収蔵作品)

4月25日(土)6月6日(土)

※休館日:月曜日(ただし5月4日は開館)

ジャンル アート
地域 湘南地域
開催日 4月11日(土) 〜 6月21日(日)
時間 午前9時30分―午後5時(入館は午後4時30分まで)
券種/料金 一般1,000円(900円)、20歳未満と学生850円(750円)、65歳以上500円、高校生100円
※( )内は20名以上の団体料金です。
※鎌倉館の観覧券で、当日に限り鎌倉別館を無料でご観覧いただけます。
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料です。 その他の割引につきましてはお問い合わせください。
※ファミリー・コミュニケーションの日:
毎月第1日曜日(今回は5月3日、6月7日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は、優待料金(65歳以上の方を除く)でご観覧いただけます。
チケット情報 神奈川県立近代美術館 鎌倉
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-53
tel. 0467-22-5000 / fax. 0467-23-2464 /
e-mail. fm4313.h6g@pref.kanagawa.jp
お問い合わせ 神奈川県立近代美術館 鎌倉
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-53
tel. 0467-22-5000 / fax. 0467-23-2464 /
e-mail. fm4313.h6g@pref.kanagawa.jp
URL http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
備考 主催 神奈川県立近代美術館 

神奈川県立近代美術館 鎌倉

鎌倉市雪ノ下2-1-53

アクセス
◎電車 
公共交通機関利用の場合:JR横須賀線・江ノ島電鉄線「鎌倉」駅下車、徒歩約10分
◎車
横浜横須賀道路利用の場合:朝比奈インターチェンジから鎌倉霊園を経由して鶴岡八幡宮前へ約4km