コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

「第18回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展 

川崎市岡本太郎美術館

川崎市多摩区枡形7-1-5

 時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立されました。今年で18回目をむかえる本賞では、672点の応募があり、厳正な審査を行いました結果、27名(組)が入選をはたしました。
作品は、様々な機会をとらえて公表するとともに、川崎市岡本太郎美術館「第18回 岡本太郎現代芸術賞」展 にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品をご覧ください。  

ジャンル アート
地域 川崎市
開催日 2月3日(火) 〜 4月12日(日)
時間 9時30分~17時入館は16時30分

休館日:毎週月曜日、2月12日(火)
券種/料金 一般600(480)円、 高・大学生、65歳以上400(320)円
中学生以下は無料 
※( )内は20名以上の団体料金
※本料金で常設展もご覧いただけます。
お問い合わせ 川崎市岡本太郎美術館  TEL 044-900-9898
URL http://www.taromuseum.jp
備考 ◎主催 川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

川崎市多摩区枡形7-1-5

アクセス
電車:
■小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口下車、徒歩17分

車:
■府中街道「稲生橋」から2分、東名川崎ICから10分(生田緑地東口駐車場をご利用ください。)