コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

机上演劇祭は机上の空論か@横浜 2

高架下スタジオSite-D 集会場

横浜市中区黄金町1-2番地先

koganechobazaar2014_logo

「机の上だけあれば、演劇はできます。そういう演劇を「机上演劇」と呼ぶことにしました。いろいろな机上演劇が集まれば演劇祭もできるでしょう。試しにやってみませんか?」
という話を7月3日に演劇センターFで今回のトーカーでもある様々な演劇作家たちとしたところ、机上演劇祭を開催するには、考えねばならぬ論点が多いことに気がつきました。どこまでが演劇か、あるいはどこまでを演劇と考えた方が面白いか、観客がそこにいるとは何か、趣味の違う作品は一緒に上演されたほうがいいのか。
まず、岸井から20分机上演劇祭についてと、前回のトークイベントの話について、20分ほどプレゼンをします。それからトーカーさんと、どのような演劇祭がいいか1時間ほど話します。
その上で、会場の皆さんと40分ほど話し、今後どうするかを考えます。「机上演劇祭」に興味ある方、是非来てください。
会場は、演劇のための新しい場を実践し構築している、演劇センターFが活動する横浜黄金町です。
定員30名です。恐らく満席となることはないので、ふらっといらしてください。

ジャンル etc.
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 10月23日(木)
時間 19時30分ー21時30分

タイムテーブル
19時30分ー35分 会の説明 司会谷竜一より
19時35分ー20時 カトリヒデトシが石神夏希に語る「机上演劇とは何か?」と、谷竜一と岸井大輔による「机上演劇は有意か?」
20時ー20時30分 萩原雄太による「机上演劇実演」とカゲヤマ気象台による「机上演劇提案覚え書き」
20時30分ー40分 休憩
20時40分ー21時30分 3つの机上演劇提案を踏まえ「机上演劇祭は可能か?」を考える。
*なお、19時から会場では、作者本介作の「桐島テーブルトークRPG https://note.mu/honsukesan/m/m7e3277f15f61」を、作者本介がゲームマスター、萩原雄太がプレイヤー役となって上演しています。観覧・参加歓迎します。是非客入れからお楽しみください。
出演 司会:
谷竜一(集団:歩行訓練)

トーカー:
石神夏希(ペピン結構設計)
カトリヒデトシ(カトリ企画主宰・プロデューサー)
カゲヤマ気象台(sons wo:)
岸井大輔(劇作家/PLAYWORKS)
作者本介(ジエン社)
萩原雄太(かもめマシーン)
券種/料金 参加費:1000円
お問い合わせ ご予約・お問合せ:co.playworks@gmail.com
(ご予約される方は、タイトルに「机上演劇横浜予約」といれてください)
URL http://tcf-project.net/643/

高架下スタジオSite-D 集会場

横浜市中区黄金町1-2番地先

アクセス
京急線「黄金町駅」または「日ノ出町駅」から徒歩約5分