コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

よこすか能 観世喜正プロデュース 蝋燭能「大江山」

よこすか芸術劇場

横須賀市本町3-27

■横須賀で四半世紀続く伝統の能公演
1987年の横須賀市市制80周年を記念し、野外上演「よこすか薪能」として始まり、94年から横須賀芸術劇場に会場を移し、05年からは観世喜正のプロデュースによって今に続いています。

■観世喜正の斬新な演出
約200本の蝋燭の炎が灯る幻想的な舞台の中、能の伝統を守りつつ、その概念に捕らわれない斬新な演出は、当劇場の機構をふんだんに活用した能楽堂では味わえないホールで行う能公演ならではの舞台となっています。
初心者から能楽ファンまでが楽しめる演目の選択、狂言も合わせて上演するほか、出演する能楽師が上演前に解説を行うなど、能楽の振興、日本伝統芸能の振興を図っています。

■「鬼」と「酒」をテーマにした作品の数々
今回は、「鬼」と「酒」をテーマにした作品をお届けします。能は「大江山の鬼退治」などで良く知られる源頼光による酒呑童子討伐の内容を描いた「大江山」。舞台上での動きの華やかさが見どころです。そして、狂言は、酒に酔って寝込んでしまった太郎冠者が目を覚ますと鬼の顔になっているという佳作「ぬけから」を野村萬斎が喜怒哀楽をたっぷりと表現します。そのほか毎回迫力ある舞踊を交えた充実したラインナップ。お贈りします。

■日本の伝統芸能を体験するワークショップも同時開催
普段あまり触れる機会が少ない「能楽」の世界を身近に感じていただく目的で開催します。
能楽師による“わかりやすい解説”を交え、実際の能の所作や動きを体験します。

ジャンル 伝統芸能
地域 横須賀三浦地域
開催日 1月23日(土)
時間 16:00開演
出演 [演目]  
素謡「神歌」 永島忠侈
仕舞「紅葉狩」 五木田三郎
仕舞「鉄輪」 観世喜之
狂言「ぬけから」 野村萬斎
能「大江山」 観世喜正
*観世喜正による「みどころ解説」があります。
券種/料金 S:4,200円 A:3,200 B:2,200
学生券(24歳までの学生):全席種半額
チケット情報 横須賀芸術劇場電話予約センター 046-823-9999
インターネットチケット http://www.yokosuka-arts.or.jp
お問い合わせ 横須賀芸術劇場 046-828-1602
URL http://www.yokosuka-arts.or.jp/kouen/1801230/index.html
備考 主催 公益財団法人横須賀芸術文化財団
後援 横須賀文化協会/横須賀謡曲連盟

よこすか芸術劇場

横須賀市本町3-27

アクセス
■JR横須賀駅から徒歩8分、京浜急行汐入駅から徒歩1分