コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

東京バレエ団初演 ブルメイステル版「白鳥の湖」 全4幕

よこすか芸術劇場

横須賀市本町3-27

■新芸術監督 斎藤友佳理による東京バレエ団新時代の幕開け!
この8月、東京バレエ団のトッププリマとして長年活躍した斎藤友佳理が、東京バレエ団の芸術監督に就任。彼女が主導する初めてのビッグプロジェクトとなるのが本公演です。ダンサーとしての豊かな経験とバレエ文化への深い理解、そしてロシアでの指導者としての修学と、現地のモスクワ音楽劇場バレエや、東京バレエ団の「ラ・シルフィード」「ドン・キホーテ」ですでに高く評価されたその手腕を最大限に発揮して取り組みます。

■神秘のドラマと幻想のダンスでつづる古典バレエの傑作

ブルメイステル版「白鳥の湖」の魅力は、バレエ以前に演劇を学んだブルメイステルの「ダンサーは舞台上で登場人物の人生を生きなければならない」という言葉に表現されています。様式美を旨とする19世紀のプティパ=イワノフ版に対して、ブルメイステルはチャイコフスキーの原曲のドラマトゥルギーに従って音楽家の意図を忠実に再現し、ドラマティックな物語性を盛り込んだものです。この版は、世界中で大成功を遂げ、名演出との誉れを得ています。
これまで多くの古典バレエはもとより、近年は「オネーギン」や「ロミオとジュリエット」などドラマティック・バレエで好評を博した東京バレエ団が、ポスト創立50周年に斎藤友佳理という新たな芸術監督を得たいま、古典とドラマを融合させたブルメイステル版を上演するのに最高に機が熟したといえるでしょう。

■ブルメイステル版とは?

ブルメイステル版は、ロシアの振付家ウラジーミル・ブルメイステル(Vladimir Burmeister)が手掛け、1953年に初演、1960年にはパリ・オペラ座が「白鳥の湖」を始めて上演した際にも採用されています。また、ミラノ・スカラ座バレエ団のレパートリーにもなっており、音楽を可能な限りチャイコフスキーのオリジナルに近づけ世界的に成功を収めているドラマティックな演出版です。

■主役は期待の若手ダンサー 渡辺理恵と秋元康臣のフレッシュコンビ

今回の主役はバレエ団期待の若手ダンサーです。オデット/オディールの渡辺理恵は、際立つラインの美しさ、柔軟性を活かした踊りで活躍するバレリーナです。そして相手役のジークフリート王子を演じる秋元康臣は、ロシアや国内のバレエ団で活躍し、今年8月に新芸術監督の下で実施された特別オーディションを通過・入団し抜擢されたホープです。

ワークショップも同時開催
東京バレエ団ダンサーによるバレエ体験ワークショップ 2016年1月10日(日)開催
①中高生のためのバレエ・クラス指導 / ②バレエ・ストレッチ体験

ジャンル ダンス
地域 横須賀三浦地域
開催日 2月11日(木)
時間 15:00開演
出演 [出演] 
オデット/オディール 渡辺理恵
ジークフリート王子 秋元康臣
ほか
※出演者は怪我、病気、その他の都合により変更になる可能性があります。
[指揮] アントン・グリシャニン
[演奏] 東京ニューシティ管弦楽団
[振付] ウラジーミル・ブルメイステル
第2幕振付 レフ・イワーノフ
[音楽] ピョートル・I.チャイコフスキー
[芸術監督] 斎藤友佳理
券種/料金 S:8,500円 A:6,500円 B:4,500円 C:2,500
チケット情報 横須賀芸術劇場電話予約センター 046-823-9999
インターネットチケット http://www.yokosuka-arts.or.jp
お問い合わせ 横須賀芸術劇場 046-828-1602
URL http://www.yokosuka-arts.or.jp/kouen/1802110/index.html
備考 主催 公益財団法人横須賀芸術文化財団

よこすか芸術劇場

横須賀市本町3-27

アクセス
■JR横須賀駅から徒歩8分、京浜急行汐入駅から徒歩1分