コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

嶋田しづ・磯見輝夫展  色彩とモノクローム

横須賀美術館

横須賀市鴨居4‐1

【休館日:3/7(月)、4/4(月)無料観覧日 2/14(日)】

 嶋田しづ(1923~)は、女子美術専門学校、早稲田大学に学んだ後、1958年に国費留学生として渡仏し、以後20年、パリを拠点に活動をしてきました。彼女は油彩で、淡い色彩の浮遊物が漂っているような、軽快で透明感のある空間を作り上げています。帰国後は逗子に住み、油彩、水彩、版画など様々なメディアに取り組んでいます。

 磯見輝夫(1941~)は、東京藝術大学の油画科、同大学院版画科に進んだ後、1978年頃から杉板を版木として用い、横に並べ継いで大型版画の制作を始めました。板と板との継ぎ目や、板目の違いによる刷りムラも取り込んだ、独自の力強い画風を確立させます。近年は重厚かつ繊細に、海面や地面に現れる様々な事象の変化を、版にとどめています。

 色彩豊かでリズミカルな絵画を描き続ける嶋田しづ。モノクロームの木版画の可能性を探求する磯見輝夫。本展は、それぞれ最新作を含めた代表作で構成し、二人の作品世界の響きあいに出会う、またとない機会となります。

ジャンル アート
地域 横須賀三浦地域
開催日 2月6日(土) 〜 4月10日(日)
時間 開館時間はこちらからご確認ください
http://www.yokosuka-moa.jp/schedule/index.html
券種/料金 一般900(720)円、高大・65歳以上700(560)円、中学生以下無料
*()内は20名以上の団体料金 
*市内在住または在学の高校生は無料 
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料
*前売り券は美術館受付、横須賀芸術劇場チケットセンター(横須賀芸術劇場1階、横須賀中央駅モアーズシティ1階)でお求めになれます。
お問い合わせ 046-845-1211(代表)
URL http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/1506.html
備考 主催 横須賀美術館

横須賀美術館

横須賀市鴨居4‐1

アクセス
■馬堀海岸駅から京急バス「観音崎」行「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車、徒歩2分