コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

古本市が結ぶ、本・街・ひと

古本市が結ぶ、本・街・ひと

鎌倉・小田原、二つの古本市



ブックカーニバル in カマクラ 2017
2017年6月10日(土)
会場/由比ガ浜公会堂(鎌倉市由比ガ浜2-7-21)ほか
https://bookcarnival.jimdo.com

第4回小田原ブックマーケット
2017年6月17日(土)
会場/緑公民館(小田原市栄町2丁目12−16)ほか
https://www.facebook.com/odawarabookmarket/
http://93puku.jp/schedule/4thbookmarket/


2017年6月10日、梅雨の晴れ間、青空の土曜日。

今回で7回目となる人気の古本市「ブックカーニバルinカマクラ2017」開催当日、「由比ガ浜公会堂」と、古民家「Garden & Space くるくる」の前では、たくさんの人が扉が開くのを待っていました。イベントの主催者は鎌倉の人気古書店「books moblo」さん。
会場の中には、さまざまな人が腕によりをかけてセレクトした本を並べる小さな本屋さんが35組。絵本、写真集、文学、旅の本、中には”こわい”本だけを扱うお店や、上質なデザインのローカルなリトルプレスを扱うブースなど、本好きでなくても心が躍る、本のパラダイスなのです。お客さんの年代もさまざま。若い女性やカップル、お母さんと子ども、みんな思い思いに本探しを楽しみます。


IMG_6705_th
ブックカーニバルinカマクラの会場、由比ヶ浜公民館。スタート直後からすごい熱気!


IMG_6687_th
「Garden & Space くるくる」お庭が美しい会場でブックハンティング。夢のような時間。

楽しみはそれだけではありません。まずは会場を結ぶスタンプラリー。途中に点在する雑貨屋さんをのぞいたりカフェでお茶したりしながらスタンプを集めると、オリジナルのおしゃれなエコバッグがもらえます。

さらに、鎌倉ゆかりの作家さんなどが登壇するトークイベントや、予約で満席になる製本のワークショップ、子供のための読み聞かせや「大人の朗読会」など、文士の街・鎌倉にふさわしい企画が目白押し。自分の好みでチョイスできる密度の濃い本のお祭が「ブックカーニバルinカマクラ」なのです。

その翌週6月17日に開催された「第4回小田原ブックマーケット」も、会場オープン直後から人の波が絶えない、大にぎわいの1日でした。
駅近くの「緑公民館」を中心に「平井書店」のパーキング、そしてシェアスペース「旧三福」の三会場に30組。小田原出身の小説家・椰月美智子さんやマンガ家・冬川智子さんのブースでは、遠方から訪れて買った本にサインをしてもらうお客さんの姿もありました。


IMG_6687_th
小田原ブックマーケットの会場、緑公民館。地元出身の小説家椰月美智子さんや冬川智子さんのブース。

小田原ブックマーケットの特徴は「まちなか会場」。メイン会場のほか、カフェやショップがそれぞれのお店らしい特徴のあるセレクションで本を並べて、一日限りの本屋さんをオープンするのです。お客さんは当日配布される会場マップを手にお店を探して巡りながら、ブックハンティングを楽しみます。


IMG_6687_th
小田原在住でも初訪問の人が多かったまちなか会場「喫茶mago」ライブなども行われている。

古本市の楽しみの一つは、この街巡り。行き先を探して歩く中で、歩いたことのない路地に足を踏み入れたり、入るチャンスのなかったお店の魅力に出会う、会場マップはその後も活用できるちょっとした宝の地図なのです。

関わる人がそれぞれ楽しむ1日

心がハッとときめく本を見つけた店先では、特に会話を交わさなくても心が通じたようなうれしさがこみ上げたりします。「水木しげるのマンガをお母さんに頼んで買ってくれた男の子がいたんです。意外な人が買ってくれるのってすごくうれしい。」そんな店主さんの声も。
当日隣同士になった店主さんたちも、時間が経つに連れて打ち解け、本の話で盛り上がります。

各会場では、スタンプラリーの受付や道案内をする、本好きのボランティアスタッフさんたちが運営を支えていました。会場での案内、店主さんのお世話やお客さんの対応、会場間のパトロール…たくさんの仕事を担当しながらも、みんなとても楽しそうに言葉を交わしているのが印象的でした。「お客さんや店主さんに楽しんでもらいたい!」という親切さや笑顔が人々をつなぎ、イベント全体を暖かく明るいものにしていました。


IMG_6687_th
会場の装飾もスタッフの手作り。本型の天井飾りが風に揺れていました。

街を舞台にした古本市が人と人をつなぐ

小田原ブックマーケット主宰の編集者・牛山惠子さんによれば、今回はまちなかの店主さんが自ら「小田原ブックマーケットを盛り上げる演出」を考えてくださった例が多く、少しずつ定着してきたのかも、と感じるとのこと。イベントをきっかけに再度そのお店を訪れ常連になる人もいるのだとか。目に見えない小さなつながりのきっかけがたくさん生まれた1日だったそうです。


IMG_6687_th
街中の書店、平井書店のパーキングも会場に。

誰にとっても心の奥の大切な場所と関わる「本」を介して、古本市では密かな心のやりとりがいくつも交わされます。読んだあとで話がしたくなり、本と出会った場所をまた訪れたくなる。
活字離れと言われる中でも、古本市人気が衰えないのは、「本」を介したコミュニケーションが人と人を、静かに深く結びつけるからなのかも知れません。

関連するURL
https://bookcarnival.jimdo.com

あなたにおすすめの特集記事

NEW

「渡辺俊美のINTER PLAY」インタビュー

2016年10月2日より、FMおだわらで放...
11月14日公開

続きを読む:「渡辺俊美のINTER PLAY」インタビュー
NEW

県庁アナウンサーが行く!神奈川近代文学館 石川哲…

名前 石川 哲也(いしかわ てつや) ...
11月13日公開

続きを読む:県庁アナウンサーが行く!神奈川近代文学館 石川哲…

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、かながわマグカルトークと称して...
11月8日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

第3回全国高等学校日本大通り ストリートダンスバト…

神奈川県横浜市日本大通りで開催される「全国高等学校日本大通...
11月6日公開

続きを読む:第3回全国高等学校日本大通り ストリートダンスバト…

スマートイルミネーション横浜2017

今年で7回目を迎える省エネ技術とアートが織りなす、新たな横...
11月5日公開

続きを読む:スマートイルミネーション横浜2017

創造都市横浜×マグカル コラボ企画「関内外OPEN!9 …

11月3日(金・祝)、4日(土)に横浜のJR関内駅を中心に...
11月1日公開

続きを読む:創造都市横浜×マグカル コラボ企画「関内外OPEN!9 …

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、黒岩神奈川県知事とKAATの芸...
10月30日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

遊ぶ。ふれあう。体験する。 SATOYAMA & SATOUM…

2017年10月9日(月・祝)に、小田原アリーナ(神奈川県...
10月30日公開

続きを読む:遊ぶ。ふれあう。体験する。 SATOYAMA & SATOUM…

カナガワ リ・古典プロジェクト2017 in 大磯

主催:かながわの伝統文化の継承と創造プロジェクト実行委員会...
10月25日公開

続きを読む:カナガワ リ・古典プロジェクト2017 in 大磯

Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第4回 鎌倉「tsuu」 …

JazzyPopシンガーのRyu Mihoです。 ジャズ...
10月14日公開

続きを読む:Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第4回 鎌倉「tsuu」 …

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、かながわマグカルトークと称して...
10月10日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

「マグな人々第3回  白井貴子さん」

神奈川県の「マグカル」の取組を推進するために、有識者からご...
10月6日公開

続きを読む:「マグな人々第3回  白井貴子さん」

あなたにおすすめのイベント

横浜市(ベイエリアを除く)

12/14

草笛で曲を吹こう (横浜市)

神奈川県立四季の森公園

続きを読む:草笛で曲を吹こう (横浜市)

川崎市

12/23〜
12/24

川崎ゆかりのゴジラ映画 (川崎市)

川崎市市民ミュージアム 映像ホール

続きを読む:川崎ゆかりのゴジラ映画 (川崎市)

川崎市

12/17

川崎ゆかりのゴジラ映画 (川崎市)

川崎市市民ミュージアム 映像ホール

続きを読む:川崎ゆかりのゴジラ映画 (川崎市)

横浜市(ベイエリアを除く)

12/10

自然観察会「冬に見られる野鳥」 (横浜市)

神奈川県立四季の森公園

続きを読む:自然観察会「冬に見られる野鳥」 (横浜市)