コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

「美の基準」を持つ町の魅力をアートと交流を通して感じる「真鶴まちなーれ」

新宿から約1時間30分、横浜から1時間10分。小田原市と湯河原町にはさまれた漁師町・真鶴町は、昔ながらの小さな家が海に面した斜面に建ち並ぶ美しい町です。

今年で3回目となる「真鶴まちなーれ」は、その真鶴町の良さを、町中に隠れたアート作品を探したり、ワークショップで町民と交流したりしながら感じてもらおうと、町民有志が集まって生まれた「感じる芸術祭」。ユニークな町の魅力や今年の見どころを、ディレクターの平井宏典さんと、実行委員長の卜部美穂子さんに伺いました。



感じる芸術祭 真鶴まちなーれ2017
懐かしい賑わい/新しい眺め
会期:2017年3月4日~ 3月20日 10:00〜17:00
料金:まちなーれ ArTreasure Walk(アートレジャーウォーク)1,000円(公式ガイドブック代500円含む)
まちなーれ Workshop 各プログラムによる
会場:真鶴港エリア(コミュニティ真鶴|Workshop会場・インフォメーション)
   真鶴半島エリア(真鶴町立中川一政美術館|作品展示・インフォメーション)
主催:真鶴まちなーれ実行委員会
後援:真鶴町、真鶴町教育委員会、真鶴町観光協会、真鶴町商工会
参加アーティスト:阿部乳坊、伊藤隆治、木村幸恵、鈴木泰人、千鶴緑也、高橋つばさ、Chalkboy、向井日香、福留麻里、鉾井 喬
http://www.machinale.net/





Interview&Text:齊藤 真菜
Photo:加藤 甫

町民の生活に息づく「美の基準」

――「真鶴まちなーれ」の成り立ちを教えてください。

平井:真鶴は「美の基準」という独特なまちづくりのルールを持っています。たとえば建物の色彩基準は京都などにもありますが、真鶴ではただ「ふさわしい色」という一言しかないんです。また、建物の色や形状だけではなく、世帯の混合といったコミュニティの基準もあります。集合住宅であれば、子育て世代だけではなくて、高齢者や単身者も住める、いろんなニーズに応えられるものにしてください、といったものです。


s-mgc_4883ディレクターの平井宏典さんと実行委員長の卜部美穂子さん

卜部:ただそれは、最初から町が計画して作ったものではなくて、もともとあった真鶴の歴史や人々の生活を、これからもずっと守っていくための条例なんです。美の基準に惚れて移住してきたという人は結構いますが、昔から住んでいる人からすれば、生活の中にあった当たり前のものを言語化しているだけ。そのままの風景や、町の人々の生活、人々そのものが素敵だということなんです。

平井:僕たちの根底にある、この条例が2014年に施行20周年を迎えたことを機に、この町が好きな人たちが集まって実行委員会を作り、第1回を開催しました。当初からのメンバーに、現役の大学生や、昨年の開催時に真鶴に移住してきた建築家のご夫婦なども加わり、今は20代から50代まで、幅広い人たちが集まっています。


s-mgc_5156
「美の基準」のモデルハウスでもあるコミュニティ真鶴。真鶴産の小松石や、漁業で使うロープを随所に用いている

――町とアートの相性が良さそうですね。

平井:真鶴は港町ですが、緑も多く、別荘族もいる一方で、ちゃんと地に根を下ろして生活をしてる人もいて、石材業というとても特徴的な地場産業もある。かつ美の基準というものがあって、すごくいろんなものがそろっているので、僕としては、真鶴の良さを伝えることはもちろんですが、一つの思考実験としても意義があると思っています。東京の人たちがこういうところを歩いたときに、東京では感じられない何かがあるかもしれないし、逆に田舎に辟易している人が、アートを通して新たな視点で町を回ったときに、今まで気が付かなかった良さがあるかもしれない。

 普通の観光バスで来て美味しい魚を食べて、半島に行って三ツ石を見て帰ったり、単に美の基準を知って真鶴に来てみた人が街中を歩いたりしても、真鶴の本当の良さは伝わらないと思うんです。ガイドと一緒に観光マップに載っていない細い路地を通って、町の裏側を回ってシャッターや秘密のドアを開けて、アート作品を観て、何を感じて持って帰ってもらうのか。そこに、まちづくり・アートプロジェクトとしてやっている意味があるのかなと。


s-mgc_5016かつて魚屋で使われていた品々を照らす鈴木泰人さんの作品

あなたにおすすめの特集記事

NEW

今月のプレゼント♪ 日本初上陸、ベトナムの新しいサ…

ベトナム発!世界各国で絶賛されているベトナム・ヌーボー・シ...
2月18日公開

続きを読む:今月のプレゼント♪ 日本初上陸、ベトナムの新しいサ…

『机上の空論』、三冠受賞特別インタビュー!  作品…

先日、第3回の幕を閉じた神奈川かもめ短編演劇祭。前回、前々...
2月14日公開

続きを読む:『机上の空論』、三冠受賞特別インタビュー!  作品…

「住まう、作る、発信する」横浜の小さなアートセン…

2017年6月1日、滞在しながら作品を制作できる芝居小屋、...
2月6日公開

続きを読む:「住まう、作る、発信する」横浜の小さなアートセン…

『第3回神奈川かもめ短編演劇祭』終幕!「かもめ賞」…

2018年1月25日から28日の四日間にかけて、KAAT ...
2月5日公開

続きを読む:『第3回神奈川かもめ短編演劇祭』終幕!「かもめ賞」…

今月のプレゼント♪ 普及公演「横浜狂言堂」5組10…

勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日 普及公演「横浜...
2月2日公開

続きを読む:今月のプレゼント♪ 普及公演「横浜狂言堂」5組10…

神奈川演劇界の「旬」が一堂に会するフレッシュで熱…

演劇の敷居を低くして、普段芝居を見ない人々に芝居を見てもら...
1月31日公開

続きを読む:神奈川演劇界の「旬」が一堂に会するフレッシュで熱…

若きスピリットが舞い、熱気が立ち込め、ぶつかりあ…

 踊りは魂の秘密の言葉である(Dance ...
1月31日公開

続きを読む:若きスピリットが舞い、熱気が立ち込め、ぶつかりあ…

「第12回フレッシュ・コンサート」開催特別インタビ…

神奈川ゆかりの若きソリストを紹介し、過去...
1月27日公開

続きを読む:「第12回フレッシュ・コンサート」開催特別インタビ…

【今月のプレゼント♪】茅ヶ崎市美術館「岡耕介展」5…

茅ヶ崎市美術館では、茅ヶ崎在住作家・岡 耕介(おか・こ...
1月22日公開

続きを読む:【今月のプレゼント♪】茅ヶ崎市美術館「岡耕介展」5…

「第3回神奈川かもめ短編演劇祭」、ついに開幕! そ…

1月25日(木)〜1月28日(日)の4日間、K...
1月19日公開

続きを読む:「第3回神奈川かもめ短編演劇祭」、ついに開幕! そ…

第3回 神奈川かもめ短編演劇祭の招待券 全6公演3組…

神奈川かもめ短編演劇祭は、2016年に始まった、20分以内...
1月10日公開

続きを読む:第3回 神奈川かもめ短編演劇祭の招待券 全6公演3組…

Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第5回 Minton House …

1975年創業。横浜中華街にほど近い、山下...
1月4日公開

続きを読む:Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第5回 Minton House …

あなたにおすすめのイベント

県央地域

3/30

とこたん ~みんなのこれから おうえんし…

シリウス 3階 屋内こども広場 多目的室

続きを読む:とこたん ~みんなのこれから おうえんし…

県央地域

3/28

3月生まれのお友だち おたんじょうび会

シリウス 3階屋内こども広場 げんきっこ広場

続きを読む:3月生まれのお友だち おたんじょうび会

県央地域

3/26

和く和く着物ドール

シリウス 3階 屋内こども広場 多目的室

続きを読む:和く和く着物ドール

県央地域

3/16

忍者になろう!初級編

シリウス 3階 屋内こども広場 げんきっこ広場

続きを読む:忍者になろう!初級編