コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

カナガワ リ・古典プロジェクト2017 in 大磯
日本語 English

カナガワ リ・古典プロジェクト2017 in 大磯

ー大磯の浜辺に 囃子鳴り 踊る日本舞踊 咲く古典花火ー

主催:かながわの伝統文化の継承と創造プロジェクト実行委員会


IMG_6705_th

「カナガワ リ・古典プロジェクト」は、神奈川県にゆかりのある伝統文化を新しい発想で活用し、現代を生きる文化芸術として「再(Re・リ)」発信する特色ある取組です。2013年から始まり、これまで横浜市中区の紅葉ケ丘、江の島、大山、小田原と毎年場所を変えて開催してきました。5回目となる今年の舞台は、2009年に焼失した旧吉田茂邸が再建された大磯町。湘南の海を一望できる大磯港で、地域の民俗芸能、大磯に縁のある歌舞伎舞踊の演目や、日本舞踊と現代音楽をコラボした作品の上演を行います。
今回は、歌舞伎舞踊長唄「當大磯由縁春駒(あたるおおいそ・ゆかりのはるこま)」の稽古場にお邪魔して、振付の花柳登貴太朗(はなやぎ ときたろう)さん、公益社団法人日本舞踊協会神奈川県支部の制作担当の西川扇千代(にしかわ せんちよ)さん、そして出演者の皆さんにお話を伺いました。




<開催概要>
「カナガワ リ・古典2017 in 大磯」
日程:2017年11月5日(日) 
総合司会 MITSUMI(FMヨコハマ)
・13:00~大磯「Re:古典」ワークショップ「1万個の紙コップアート」湘南アートベース
・16:00~伝統芸能公演
・民俗芸能
田村ばやし(平塚市指定無形民俗文化財)、前鳥囃子 (平塚市指定無形民俗文化財)、中里祭囃子(二宮町指定無形民俗文化財)
・歌舞伎舞踊 長唄「當大磯由縁春駒(あたるおおいそ・ゆかりのはるこま)」
・日本舞踊と現在芸術とのコラボレーション企画 「花ざかりの森」
・17:45~花火ヒストリー”江戸時代の花火から現代の花火へ”
〔雨天時:14:30~開場/ 15:00~開演(規模を縮小して実施)〕
会場:大磯港芝生広場特設ステージ(中郡大磯町大磯1398-18)
雨天時:聖ステパノ学園講堂「海の見えるホール」(中郡大磯町大磯868)
料金:無料、事前申込不要
公式サイト:http://www.re-coten2017.com
※雨天時の会場等については当日午前9時に公式サイトにて発表。
問い合わせ:FM小田原株式会社 電話0465-35-5150 鈴木まで。
本事業は、東京2020参画プログラムに認証されています。





Interview&Text&Photo:三沢真理

・今年のリ・古典は、歌舞伎舞踊 長唄「當大磯由縁春駒」が上演されます。まず、歌舞伎舞踊と日本舞踊はどう違うのでしょうか?


IMG_6705_th
花柳登貴太朗さん

花柳登貴太朗さん:日本舞踊の母体は歌舞伎です。簡単に言うと、歌舞伎の舞踊シーンが日本舞踊の起源で、安土桃山時代、出雲阿国(いずものおくに)が歌舞伎踊りを始め、踊りだけだと飽きてしまうのでお芝居を付けて、それが徐々に独立していったものが日本舞踊の始まりだと言われています。

・歌舞伎から日本舞踊が派生していったわけですね。花柳登貴太朗さんは「花柳流」ですが、そのほかに日本舞踊にはどのような流派があるのでしょうか。


IMG_6705_th
西川扇千代さん

西川扇千代さん:全国には、日本舞踊協会に所属している流派が120程度ありますが、個人も含めるとそれはものすごい数の流派が存在するはずです。その中でも特に、五大流派と呼ばれているのが花柳流・藤間流・若柳流・西川流・坂東流です。その中でも、花柳流は割と振付が多く細やかで、華やかな踊りだと言われています。その他、西川流は歌舞伎の役者さんに振りを作っていたことから振りが大振りで、古典的な作風が多いなどといった特徴がそれぞれあります。

・花柳登貴太朗さんが日本舞踊をやることになったきっかけはどんなことからでしたか?


IMG_6705_th

花柳登貴太朗さん:4歳の頃に親に連れられて芝居を見に行ったのがきっかけだったかなあ。もう50年程前になるのですが。当時、昔の女性というのは皆さんお琴をやったり古典芸能をやったりすることが普通の生活にあったんですよね。生け花とか、お茶とか、それらが特別なことじゃなくて近所の先生から習っていました。現代風にいうと、フラダンスやろうとか、エアロビクスやろうとか、そんな感じで自分は日本舞踊に自然とはまっていったんだと思います。

・普段はどのような活動をなさっているのですか?


IMG_6705_th

花柳登貴太朗さん:高校に舞踊を教えに行ったり、お稽古をしたり、振付や発表会の構成を考えたり、自分も踊ったりしています。最近思うことは、親御さんと話してみると気持ちの触れ合いが少ない子が多いのかなという気がしています。今の時代、子どもの数も減ってきているし、日本舞踊だけに限った話ではありませんが世代を超えた人たちの触れ合いがある稽古場って大切かなと思うんですよ。普通の生活をしていたらなかなか自分の居場所を見つけづらいところはあるんじゃないでしょうかね。

・稽古場が自分の居場所になるって、素敵ですね。学生や小さな子どもにとっては、親がきっかけを与えてくれなければなかなか伝統芸能と触れ合う機会は少ないのではと思います。


IMG_6705_th

花柳登貴太朗さん:日本舞踊というのは、踊りもさることながら稽古と一緒にお行儀作法を学ぶというところもあるんです。綺麗に立つ、踊る、扇子を使う、正座をしてお辞儀をするなど、小さなころからやっておくと自然と身に付くことも沢山あるんですよ。日本舞踊協会では、子どもの育成にも力を入れているので、昔の日本の遊びなんていうのも取り入れながら稽古をしています。今回のリ・古典も、小さな子どもたちに古典芸能を見せる機会を提供できるというのは非常に良いことだと思います。

・日本舞踊の魅力ってなんでしょうか?

花柳登貴太朗さん:私にとっては身近過ぎて、ちょっと分からなくなってしまっているところもあるのですが、男が男役をやるとは限らず、女役にもなります。いろいろな衣装を着て、役を演じるという、変身するみたいなところが魅力に感じているのかもしれません。それと、昔から、稽古場でなかなか家庭では口に出せない悩みなどを仲間内で相談し合うなど、心を解放できる場所があるというのも良さと言えるのかもしれません。

・ここからは、リ・古典に向けての演目についてお伺いします。長唄「當大磯由縁春駒」とは、どのような内容なのでしょうか。


IMG_6705_th

花柳登貴太朗さん:今年は大磯でやるということから、小田原~大磯を中心に繰り広げられる有名な鎌倉時代の曾我兄弟の仇討ちを取り上げることにしました。これは、日本三大仇討の一つとされる物語で、父親を殺されてしまった曾我十郎、五郎が仇を討つというものです。曾我兄弟のお姉さんの名前は「二宮」ですし、十郎の恋人は「大磯の虎」、五郎の恋人は「化粧坂(けわいざか)の少将」と、大磯周辺の地名がいっぱいでてくるので皆さん親しみやすいのではないでしょうか。

・ズバリ、見どころを教えてください。

花柳登貴太朗さん:リ・古典では、全く日本舞踊を見に来たことがない人もいらっしゃるということを想定し、振付も、衣装も、そして小道具も華やかに、豪華にやります。とりあえず女役ばかりで綺麗だな、華やかだな、という掴みを大事にしようと、今回は曾我兄弟の恋人である「大磯の虎」、「化粧坂の少将」で上演することにしました。ストーリーが分からなくても見ているだけで楽しい気持ちになれると思いますので難しく考えず、小さなお子さんも一緒にぜひ見に来てください。
私は旅の男、司会のMITSUMIさんは大磯宿の宿屋の娘として、公演前に分かりやすく芝居がてら解説らしいことをやるつもりですので、楽しく分かりやすく見ることができると思います。

・ここからは出演者の皆さんに、リ・古典に対する意気込みをお伺いします。


IMG_6705_th
泉徳保さん(朝比奈妹舞鶴)

あまり難しく考えず、理屈抜きに楽しめる公演にしたいと思っています。大磯周辺は歴史の宝庫ですから、その場所で曾我物をやるということにかなりの意味があると思っています。今回は、皆さんに華やかなものを見てもらいたいということで女物に差し替えてやります。曾我兄弟の恋人である「大磯の虎」、「化粧坂の少将」などネットで検索してもらえばサッとでてくるはず。今はインターネットの時代ですから、ぜひ検索してみてください。僕たちは、その歴史を知ってもらうきっかけになればと思っています。


IMG_6705_th
岩井寛絵さん(春駒売おちょう 実は 化粧坂の少将)

リ・古典が伊勢原の大山で開催されている時に見に行っていたので、まさか自分が今年躍らせてもらうことになるとは驚きました。母は舞踊が好きだったものの、病気でできなかったんですね。それで子どもたちにという思いがあり、私は物心つく前から踊らされて今年で33年続けています。このメンバーでやるのは初めてなので勉強しながら一生懸命踊ります。リ・古典を通して一人でも多く日本舞踊に興味を持ってもらえたら嬉しいです。


IMG_6705_th
泉秀彩霞さん(春駒売おとり 実は 大磯の虎)

リ・古典当日は、大磯宿場まつり開催日でもあるんですよね。大磯に、踊りを見に来る目的以外でいらっしゃる人も多いと思います。私は祖父が日本舞踊をやっていて、5歳の時に一緒に連れて行ってもらったことがきっかけで20年間続けています。大磯や二宮に馴染み深い内容を大磯という地でやることにも意味があるのですが、せっかく古典と現代作品がコラボするので、日本舞踊の形を、いろんな広い意味で理解していただけたら嬉しいです。

・今回出演はしませんが、稽古場のお手伝いに来ていた中学生の板倉琉世さんに、日本舞踊の魅力を伺いました。


IMG_6705_th
板倉琉世さん

最近ロボットとか、AIとか、機械が世の中に増えているじゃないですか。日本舞踊って個性的で、心の描写があって、ロボットには絶対できない表現力があると思うんです。心の豊かさや、人間にしかできない繊細な動きのある古典的な芸術だからこそ、日本舞踊は素晴らしいと感じています。

当日は、歌舞伎舞踊長唄「當大磯由縁春駒」のほか、現代音楽と日本舞踊がコラボする企画「花ざかりの森」も予定しています。こちらは、振付や髪型も、現代風にアレンジをして挑戦するそうです。江戸時代から続く日本舞踊と現代音楽がどのように絡み合い表現されるのか、こちらも楽しみですね。リ・古典の締めくくりには、江戸時代の古典的な花火が打ち上げられます。今年は大磯で、伝統芸能の世界をたっぷりとご堪能ください。

今後の活動予定
第53回 神奈川県名流邦舞祭
11月23日(水・祝) 11:30~
場所:神奈川県立青少年センターホール
料金:6,000円(自由席)
お問い合わせ 0467-46-2212 日本舞踊協会神奈川県支部事務局
http://nihonbuyou.or.jp/

あなたにおすすめの特集記事

NEW

神奈川・日本の伝統文化 祭り特集 「第30回実朝ま…

源実朝ゆかりの地、秦野市東田原で「実朝まつり」が11月23...
11月20日公開

続きを読む:神奈川・日本の伝統文化 祭り特集 「第30回実朝ま…

「渡辺俊美のINTER PLAY」インタビュー

2016年10月2日より、FMおだわらで放...
11月14日公開

続きを読む:「渡辺俊美のINTER PLAY」インタビュー

県庁アナウンサーが行く!神奈川近代文学館 石川哲…

名前 石川 哲也(いしかわ てつや) ...
11月13日公開

続きを読む:県庁アナウンサーが行く!神奈川近代文学館 石川哲…

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、かながわマグカルトークと称して...
11月8日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

第3回全国高等学校日本大通り ストリートダンスバト…

神奈川県横浜市日本大通りで開催される「全国高等学校日本大通...
11月6日公開

続きを読む:第3回全国高等学校日本大通り ストリートダンスバト…

スマートイルミネーション横浜2017

今年で7回目を迎える省エネ技術とアートが織りなす、新たな横...
11月5日公開

続きを読む:スマートイルミネーション横浜2017

創造都市横浜×マグカル コラボ企画「関内外OPEN!9 …

11月3日(金・祝)、4日(土)に横浜のJR関内駅を中心に...
11月1日公開

続きを読む:創造都市横浜×マグカル コラボ企画「関内外OPEN!9 …

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、黒岩神奈川県知事とKAATの芸...
10月30日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

遊ぶ。ふれあう。体験する。 SATOYAMA & SATOUM…

2017年10月9日(月・祝)に、小田原アリーナ(神奈川県...
10月30日公開

続きを読む:遊ぶ。ふれあう。体験する。 SATOYAMA & SATOUM…

Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第4回 鎌倉「tsuu」 …

JazzyPopシンガーのRyu Mihoです。 ジャズ...
10月14日公開

続きを読む:Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第4回 鎌倉「tsuu」 …

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、かながわマグカルトークと称して...
10月10日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

「マグな人々第3回  白井貴子さん」

神奈川県の「マグカル」の取組を推進するために、有識者からご...
10月6日公開

続きを読む:「マグな人々第3回  白井貴子さん」

あなたにおすすめのイベント

湘南地域

1/19

岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

茅ヶ崎市美術館

続きを読む:岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

湘南地域

12/24

岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

茅ヶ崎市美術館

続きを読む:岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

湘南地域

1/27

岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

茅ヶ崎市美術館

続きを読む:岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

湘南地域

1/17

岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

茅ヶ崎市美術館

続きを読む:岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…