コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

「マグな人々第3回  白井貴子さん」

「マグな人々第3回  白井貴子さん」

神奈川県の「マグカル」の取組を推進するために、有識者からご意見等をいただく場として、「マグカル・テーブル」が設置されています。マグカル・ドット・ネットでは、そのメンバーを「マグな人々」としてご紹介しています。
 第3回目は、アーティストの白井貴子さんに、マグカルの取組と、今後の展望についてお話を伺いました。取材日にはベトナムフェスタ in 神奈川 2017が開催され、白井さんは県庁大会議場で歌を披露し会場を大いに沸かせていました。


IMG_6687_th




白井貴子氏(Takako Shirai)プロフィール
藤沢市生まれ、在住。シンガーソングライターとして1981年デビュー。
84年「Chance」のヒットで「ロックの女王」と呼ばれ、女性ポップロックの先駆者的存在となる。88年ロンドンへ移住。93年、横浜市倉田小学校校歌「大好き倉田小」作詞・作曲。かながわ環境大使、横浜市YESアンバサダー・小田原ふるさと大使・海老名「森の楽校」スペシャルアドバイザー。


―白井さんが、マグカル・テーブルの一員になったきっかけはどんなことからでしょうか?

「マグカル」は、まさに横浜市も含めたオール神奈川の力を結集して、横浜〜神奈川を日本のブロードウェイみたいに賑わうエンターティメントの街にしよう! という黒岩知事の呼びかけで始まりました。だから舞台の方やイベンター・レコード会社・新聞社・テレビ局など本当にさまざまな分野の人達が集まったんです。
その中で、私は2010年に神奈川県で開催された全国植樹祭のテーマソングを制作したり、環境大使としても活動させていただいたりしている経緯があったからでしょうか? 光栄なことにアーティストの代表として呼んでいただきました。

―アーティストの代表として関わっているマグカルにおいて、これまでどのようなことを感じていらっしゃいますか?


IMG_6687_th
県庁大会議場のステージに立つ白井さん

 最初の立ち上げの部分、全くゼロのところから参加しているので、大変興味深いです。
私は理想主義者というか、かなり夢が多い方なので、会議の場ではかなりハラハラしています。大きな夢、非現実的なことを語りすぎているんじゃないかと。でもそれを実現させていくのがアーティストだと思うので、いつもせめぎ合いです。必ずお金の問題にもぶつかります。夢と現実が混じりあった話も理解した上で、いろいろな役割の人と話し合いをするので、大きなテーブルでひとつのことを決めていくことはなかなか難しいと感じています。
マグカル・テーブルでは、皆さんが様々取り組んでいらっしゃるので「そんなことがあったの?」と、マグカルの発信側なのに、知らずに過ぎ去ってしまったことも沢山ありました。もっともっと参加できたら良かったのですが。忙しくてなかなか参加できなかったのが悔やまれます。
「マグネット・カルチャー」の略である「マグカル」は、なかなか認知されていないと感じています。広く知れ渡っていないなら、もっと知ってもらうきっかけをつくらないといけません。それなら何か起爆剤が必要だろうということで、去年から「タカコフェス」と銘打ちロックフェスをやろうという話が浮上しました。

―タカコフェス? それはマグカルのフェスということですよね。具体的な内容はどのようなものでしょう?


IMG_6687_th
左からピアニストの樋口あゆ子さん、白井さん、トルン奏者の小栗久美子さん

実は随分前から、私が「女子ロックフェス」を企画していて、女子アーティストにお会いする度にいつも声掛けをしていたんです。そこで「もしやこの企画、マグカルにいいかもしれない?!」と黒岩知事を囲んでの夕食会で皆さんにお話ししてみたところ「それ! いいじゃない!」ということになり、一気に動き出しました。20世紀、男性が牽引してきた世界は、いいことも沢山だったけど、戦争や放射能の問題〜環境のことなど、想像を絶する痛手も沢山産みました。
 だから私は女性としての母性本能じゃないけれど、自分の力を平和、環境を守るために拳を挙げるような思いで音楽をやってきたので、ずっとそんな趣旨のフェスをやりたかったんです。
 また「若いうちにしかできない」と(笑)思い、4年ほど前から声掛けしていたんですが、マグカルの皆さんに賛成していただき本当にうれしい展開でした。私が温めていた企画にマグカルPR大作戦のタイミングが丁度一致した。幸か不幸か、時代が必要としているように思えました。
 マグカルをもっといろんな人に知ってもらうために、この流れの中で、弾みのきっかけとして「マグフェス」をやろうと企画書を書いて、今、話が進んでいます。女子のロック、愛情を土台としたマグカルに相応しい「マグフェス」を再来年までには現実にしたいとみんなで動いています。ただ具体的に今、会場をあちこち探しているのですが、なかなか刺激的で面白そうな場所が見当たらなくて。とにかくドカンといい意味での「打ち上げ花火」を揚げて、神奈川だけじゃなくて日本全体に、もっと言うと世界中の人々に、神奈川の魅力を発信していくことが「マグカル」の大きな使命だと思っています。

―マグカルの知名度が低く、あまり浸透していないのは何故だと思われますか?


IMG_6687_th
来場者にマイクを向けて一緒に歌う白井さん

今日もベトナムフェスタで「マグカルって知ってますか?」と来場者の皆さんに聞いたら、知っていると手を挙げてくださったのは1割弱でした。知ってもらうって本当に難しい大変な作業なんだと実感しています。
マグカル主導の作品は非常に文化的レベルが高いことは分かっていますが、少しマニアック過ぎるというか、難しいのかな? もっと日常の普通な演目もあってもいいんじゃないかと思います。

―白井さんは横浜市内の小学校校歌を作成し、小田原ふるさと大使にも任命されています。どのような思いから、数多くの地域に密着した活動を行っていらっしゃるのですか?


IMG_6687_th

私は20代の終わり、ロックに憧れ、夢見ていた地、ロンドンで生活した経験があります。そこで生活してみて、はじめて「私は紛れもなく日本人なんだ」と実感したんです。10代の頃は洋楽の湯船に浸かっていれば大ハッピーな私でしたが、実際に住んでみて「ロンドンのためには命がけにはなれないけど、日本のためなら命がけになれる」と確信して帰国しました。今から思えば、真の日本人になりにいくような時間でした。
私の故郷は日本であり、神奈川県です。私は一人、一度しかない人生を思うと「これはやるべきだ!」と心に響いたときには、どこの場所でも自分の故郷のように頑張れます。
今、京都の大原で畑もやっているんです。昨年、作詞家のきたやまおさむさんと作りあげた「涙河NAMIDAGAWA」というアルバムでは、ジャケットのアートワークも手がけました。京都は、私にとっては中・高と*血気多感な時期の6年間を暮らした、神奈川県の次に故郷と呼べる所であり、日本の中でとても重要な所です。その森の麓にある土を「自分の手」で耕してみたいと思ったんです。
 この30年くらいは特に世の中がものすごいスピードで便利になり、人は手を使い、労を惜しんで、汗を流して大切なものを守ることから遠ざかってしまいました。針に糸を通すことさえ難しい。人は手を使わないと進化はないと思うんです。自然いっぱいのところにいてもスマホばっかり見てる若者を見るとがっかりします。気がつけば日本の和服も絶滅危惧種。だから自然とロックの拳があがっちゃうんです!(笑)「こうなれば素敵なのに!」と閃いたことは、なるべく実行したい。そんな自分が向き合うことで得られる発見や体験、感動が歌になり、言葉になって自分の生き方にもつながっています。もうすぐオリンピックの開催もあるので、日本の自然の素晴らしさ、文化を地球サイズで守る日々を大切にしていきたいと思って活動をしています。
*「血気多感」は白井貴子氏の造語です。

―最後に、マグカルに対する今後の展望をお聞かせください。


IMG_6687_th

2001年に作った21世紀の神奈川県の合唱曲「ふるさとの風になりたい」も第61回全国植樹祭神奈川大会のテーマソング「森へ行こう!」も、これまで故郷への思いを込めて歌を届けてきました。
2019年のラグビーの世界大会や2020年のオリンピックを前に、これまでと同じような気持ちで、マグカルの首脳陣とどんな「マグカル神輿」を担いでいくのか、まだまだ道は険しいかと思いますが、音楽の力で日本の心「平和の和」を、神奈川県の「マグフェス」から発信していけたらと願っています。
 開催に向けご賛同をどうぞよろしくお願いします! マグカルのHPも毎日見て応援してくださいね。

私は神奈川県に住んでいるんですから、いつでもどこでも行けます。もっともっとマグカルのことを伝えに行きたいので、是非お声がけをよろしくお願いします!

白井貴子さんの今後の活動予定

2018年3月、小田原できたやまおさむさんと一緒にライブをする予定です。
詳細は、公式ホームページに今後アップされますのでぜひチェックしてください!

TAKAKO SHIRAI THE PEACE ON EARTH – 白井貴子

関連するURL
http://www.takako-shirai.jp/

あなたにおすすめの特集記事

NEW

神奈川・日本の伝統文化 祭り特集 「第30回実朝ま…

源実朝ゆかりの地、秦野市東田原で「実朝まつり」が11月23...
11月20日公開

続きを読む:神奈川・日本の伝統文化 祭り特集 「第30回実朝ま…

「渡辺俊美のINTER PLAY」インタビュー

2016年10月2日より、FMおだわらで放...
11月14日公開

続きを読む:「渡辺俊美のINTER PLAY」インタビュー

県庁アナウンサーが行く!神奈川近代文学館 石川哲…

名前 石川 哲也(いしかわ てつや) ...
11月13日公開

続きを読む:県庁アナウンサーが行く!神奈川近代文学館 石川哲…

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、かながわマグカルトークと称して...
11月8日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

第3回全国高等学校日本大通り ストリートダンスバト…

神奈川県横浜市日本大通りで開催される「全国高等学校日本大通...
11月6日公開

続きを読む:第3回全国高等学校日本大通り ストリートダンスバト…

スマートイルミネーション横浜2017

今年で7回目を迎える省エネ技術とアートが織りなす、新たな横...
11月5日公開

続きを読む:スマートイルミネーション横浜2017

創造都市横浜×マグカル コラボ企画「関内外OPEN!9 …

11月3日(金・祝)、4日(土)に横浜のJR関内駅を中心に...
11月1日公開

続きを読む:創造都市横浜×マグカル コラボ企画「関内外OPEN!9 …

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、黒岩神奈川県知事とKAATの芸...
10月30日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

遊ぶ。ふれあう。体験する。 SATOYAMA & SATOUM…

2017年10月9日(月・祝)に、小田原アリーナ(神奈川県...
10月30日公開

続きを読む:遊ぶ。ふれあう。体験する。 SATOYAMA & SATOUM…

カナガワ リ・古典プロジェクト2017 in 大磯

主催:かながわの伝統文化の継承と創造プロジェクト実行委員会...
10月25日公開

続きを読む:カナガワ リ・古典プロジェクト2017 in 大磯

Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第4回 鎌倉「tsuu」 …

JazzyPopシンガーのRyu Mihoです。 ジャズ...
10月14日公開

続きを読む:Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第4回 鎌倉「tsuu」 …

黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

今回の「マグな人々」特集は、かながわマグカルトークと称して...
10月10日公開

続きを読む:黒岩神奈川県知事×白井監督×八木大使「かながわマグ…

あなたにおすすめのイベント

湘南地域

1/19

岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

茅ヶ崎市美術館

続きを読む:岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

湘南地域

12/24

岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

茅ヶ崎市美術館

続きを読む:岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

湘南地域

1/27

岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

茅ヶ崎市美術館

続きを読む:岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

湘南地域

1/17

岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…

茅ヶ崎市美術館

続きを読む:岡 耕介展 TUMBLING DICE 関連イベント…