MAGCUL マグカル

MAGCUL
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
演劇・ダンス
2019.02.07

刺激的コラボレーション、絶賛進行中! 遠藤康行さんインタビュー 《公演チケットプレゼント》

神奈川芸術文化財団の芸術総監督で、作曲家・ピアニストの一柳慧。KAAT神奈川芸術劇場の芸術監督で、演出家・俳優の白井晃。それぞれの分野の第一線で活躍する2人の芸術監督が、財団が運営する3つのホールを舞台に共同で新しい芸術表現を追求する、神奈川芸術文化財団芸術監督プロジェクト。3回目となる今回は、神奈川県民ホールの大ホールで、ダンスパフォーマンスを上演します。
2019年の幕開けとともに、いよいよ本番に向けた具体的なクリエーションがスタートしました。その情報を聞きつけたマグカル編集部は稽古場に急行。振付を担当する遠藤康行さんに、プロジェクトの発端や舞台の見どころなどを伺いました!

今回のプロジェクトの発端は?

白井晃さんがダンス作家を探しているので会ってみないか、と声をかけていただいたのが発端です。実際にお会いして話してみると、白井さんはダンスに関しても深い見識をお持ちで、僕と同じ作家が好きだということもわかり、すぐに意気投合。神奈川県民ホールは、僕が芸術監督を務める「横浜バレエフェスティバル」でお世話になっているというご縁もあるので、今回のコラボレーションの話がスムーズにまとまりました。
一柳慧さん、白井さんとはすでに何度も打ち合わせをしましたが、曲目の選択から構成まで、とてもたくさん話をしています。
昨年11月には大規模なオーディションを行いました

クラシック、モダンはもちろん、ヒップホップや新体操、チアリーディングの経験者など、様々なジャンルから多彩なダンサーが集まってくれました。日本のダンスシーンはレベルが高いとは思ってはいましたが、幅も広がっていることを実感。いろんなキャラクターに出会えたことが、とても楽しかったです。

今回の舞台「Memory of Zero」のテーマについて聞かせてください

タイトルにもありますが、テーマは「記憶(Memory)」です。2部構成になっており、ポール・オースターの小説『最後の物たちの国で』をモチーフに白井さんが新たに台本を書く、ということでまず第2部が固まりました。何もかもが破滅へと向かい限りなくゼロに近づく世界、廃墟のような空間で、最後に残るのは「記憶」ではないか、といった内容です。
そこから派生したイメージを掘り下げ、第1部は『身体の記憶』というタイトルにしました。今僕らがやっているダンスなどの芸術は、これからどこへ向かっていくのか。その答えを、一柳さんや白井さん、ダンサーたちと模索中です。
1月から本格的にスタジオに入ったので、今はまさに、みんなで"化学反応"を起こしている最中。僕もクラシックやコンテンポラリーなど幅広い経験を積んできましたが、そこから色々と抽出して新しいものを作り上げ、どう発展させ、どこへ向かうのか。そんな考察をしている段階です。最終的にどこへ行き着くのかは誰にもわかりません(笑)。
稽古場の雰囲気はいかがですか?

本当にいろんなダンサーが集まってくれましたね。一人ひとり個性的で、ダンスのレベルも高いので、一緒にムーブメントを作っていてすごく充実感があります。お互いにどんどん触発され、作り過ぎているくらい(笑)。どんどん作って、そこからさらに発展して、ふと「あれ、結局どこをやればよかったんだっけ?」となり、一旦もとに戻ってみたり。そんな作業が一番楽しいんですけどね。

今回は、舞台も客席も「特殊」だと伺っていますが…

舞台上に特設席を設置するステージ・オン・ステージの形式で上演します。県民ホール全体を舞台セットとして活用するイメージでしょうか。ダンサー、演奏家、観客がともに舞台に上がるので、ダンサーと観客の距離が近く、とても濃密な雰囲気になると思います。

県民ホールをよくご存知の遠藤さんならではの構成ですね

そうかもしれませんね。県民ホールの舞台には若い頃から何度も立っているし、2015年から開催している「横浜バレエフェスティバル」でもお世話になっているので、とても親しみのあるホールです。
バレエフェスティバルは、若い方から世界で活躍するダンサーまで様々な人が集まり、交流する場でもあります。人と人が出会うことで、今すぐではなくても、いつかとてつもなく大きなものが生まれる…県民ホールはそんな場になっていると思います。

『Memory of Zero』の見どころは?

すごく見応えのある作品になると思います。まだ作っている途中ですが、それだけは間違いありません。
一柳さんの音楽、白井さんの構成、小池ミモザさんをはじめオーディションを経て集まった様々なスタイルのダンサーたち、県民ホールの舞台機構。いろんなエレメントをぶつけ合うことで、そこから途方もなく大きいなエネルギーが生まれようとしています。濃厚で刺激的な作品になると思いますので、ぜひいらしてください!

 

>>>>>稽古場の風景をチラッと公開!

一柳 慧×白井 晃 神奈川芸術文化財団芸術監督プロジェクト
『Memory of Zero』

[日時]3月9日(土)18:00開演(17:30開場)/10日(日)15:00開演(14:30開場)
[会場]神奈川県民ホール 大ホール
[出演]
ピアノ/一柳 慧
構成・演出/白井 晃
振付/遠藤康行
指揮/板倉康明
演奏/東京シンフォニエッタ
ダンス/小池ミモザ 鳥居かほり 高岸直樹 引間文佳 遠藤康行
梶田留以 木ノ内乃々 五島茉佑子 児玉アリス 佐藤明花
鈴木彩海 鈴木春香 平 雛子 まりあ 米持愛梨
上田尚弘 大橋武司 掛場一慶 郡司瑞輝 ながやこうた
水島晃太郎 吉﨑裕哉
[内容]第1部「身体の記憶」/第2部「最後の物たちの国で」(作/ポール・オースター 訳/柴田元幸)
[曲目]
一柳慧:交響曲第8番 リヴェレーション2011 /リカレンス/レゾナント・スペース/タイム・シークエンス ほか
[アフタートーク]
両日ともアフタートークを開催します。
3.9(土)出演: 一柳慧、白井晃、板倉康明
3.10(日) 出演:一柳慧、白井晃、遠藤康行、小池ミモザ
[料金]全席自由(整理番号付・特設席)一般¥6,500、学生(24歳以下・枚数限定)¥3,000
※本公演では、舞台上の特設席を使用いたします。当日は番号順にご入場いただきます。詳しくはホームページ等で発表いたします。
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。(有料託児サービスあり・要事前予約)
[チケット申込]http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/
[TEL]0570-015-415(チケットかながわ)
[URL]http://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=35612

***********************************

★プレゼントの応募は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
【応募概要】
マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント「@MAGCUL」をフォロー&リツイートで、3月9日(土)(18:00開演)に神奈川県民ホールで開催される「Memory of Zero」の観覧チケットを、1組2名様にプレゼントいたします。

【応募方法】
1. マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント「@MAGCUL」をフォローしてください。
2. 公式Twitterアカウントから下記応募期間中に投稿される「#メモゼ0309」がついたチケットプレゼント応募用の投稿をリツイートしてください。上記で応募は完了となります。

【応募締切】2月22日(金)24:00まで
※上記期間内にされたリツイートが応募対象です。

【抽選・当選発表】
ご当選者にはマグカル・ドット・ネット公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにてキャンペーン期間後に当選連絡をいたします。
当選発表は、ダイレクトメッセージの当選連絡をもって代えさせていただきます。その際にお申込者のお名前・ご連絡先を確認させていただきますので、ダイレクトメッセージにそのまま返信してください。なお、ダイレクトメッセージに一定期間返信がない場合は、当選が無効となる場合がありますので、ご注意ください。
当日〈3/9(土)〉、会場となる「神奈川県民ホール」の会場受付にてお申込者のお名前と「マグカル・ドット・ネットのプレゼントに当選した」旨をお伝えください。スタッフよりチケットをお渡しいたします。
※ご本人確認のため、その場でスマホの当選連絡のダイレクトメッセージをご提示いただく場合がございます。(スマホをお持ちでない方はダイレクトメッセージをプリントアウトしてご提示ください)
※いただいた個人情報は抽選以外の目的には一切使用いたしません。

【応募資格・条件】
●有効なe-mailアドレスをお持ちの方。
●マグカル・ドット・ネット公式Twitterアカウント、「@MAGCUL」をフォローしていること。
※当選発表前にフォローを解除した場合、応募・当選は無効となります。
●公式Twitterアカウントから投稿される応募用のツイートを応募期間内にリツイートすること。
※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態で参加ください。アカウントが非公開の場合は参加とみなされません。
※ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、参加とみなされません。
※引用リツイートでは参加とみなされません。リツイートにてご参加ください。
●プロフィール、ユーザー名、自己紹介、アイコンなどを設定していないアカウントではTwitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。
●頻繁にアクション(ツイート、リツイート、いいね、返信など)を行っていないアカウントではTwitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。
●Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウントではTwitterの仕様上参加とみなされない場合がございます。

Related article