Loading...

MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
チェンバロの魅力Ⅶ Mélanger ~ 混ぜる
音楽
2019.11.19

大键琴的魅力 VII Mélanger ~ Mix

Kanagawa Kenmin Hall 
(当前页面由Google翻译功能自动转换,翻译内容并非完全正确。敬请谅解。)

あかとあおを混ぜたらむらさきいろになったときの驚きを今でも忘れることができません。それぞれの個性も大事にしながら、混ぜ合わせるとまた新しいものが生まれてくる・・。音楽の世界でもそんな優れた例が(またおそらく失敗例も)たくさんあったようです。バッハやクープラン、そしてヘンデルなども、それぞれのやりかたで、当時のイタリア風の音楽とフランス風の音楽を混合させようとしたのだ、といわれています。また、オーケストラの書法をチェンバロの音楽のなかに混ぜたことによって、思いもかけない豊かな響きが引き出されたそんな作品も残っています。混ぜることは、異なったものが出会って新しいエネルギーを生み出すことなのでしょう。今回はゲストに笙の宮田まゆみさんをお迎えして、笙とチェンバロという意外なデュオもお楽しみいただく予定です。海のすぐそばのすてきなホール、神奈川県民ホールでの「チェンバロの魅力」シリーズの第7弾は、『混ぜる mélanger』をテーマにお届けします。  大塚直哉【出演】チェンバロ・お話:大塚直哉笙:宮田まゆみ【プログラム】J.S.バッハ:パルティータ第2番 ハ短調 BWV826F.クープラン:«クラヴサン曲集第2巻»より第8オルドル一柳慧:笙とハープシコードのための「ミラージュ」 ほか【プロフィール】大塚 直哉 OTSUKA Naoya, Cembalo東京藝術大学楽理科を経て同大学院チェンバロ専攻、アムステルダム・スウェーリンク音楽院チェンバロ科およびオルガン科修了。アンサンブルにおける通奏低音奏者として、またチェンバロ、オルガン、クラヴィコードのソリストとして活躍するほか、こうした古い時代の鍵盤楽器に初めて触れる人のためのワークショップを各地で行っている。ソロCD「ルイ・クープラン:クラヴサン曲集」 (ALM RECORDS)のほか録音多数。現在、東京藝術大学音楽学部教授、国立音楽大学非常勤講師。宮崎県立芸術劇場、彩の国さいたま芸術劇場のオルガン事業アドヴァイザーを務める。「アンサンブル コルディエ」音楽監督。日本チェンバロ協会会員。NHK・FM「古楽の楽しみ」案内役として出演中。 公式サイトhttp://utremi.na.coocan.jp/宮田まゆみ MIYATA Mayumi, Sho東洋の伝統楽器「笙」を国際的に広めた第一人者。古典雅楽はもとより、武満徹、ジョン・凯奇、细川敏夫等多部当代作品首演,包括纽约爱乐乐团、BBC交响乐团、柏林德国交响乐团、里昂国家乐团、捷克爱乐乐团、比利时皇家歌剧院乐团、班贝格交响乐团、NHK交响乐团、斋藤纪念乐团等与国内外顶级乐团合作演出。参加萨尔茨堡、维也纳现代、卢塞恩、石勒苏益格-荷尔斯泰因、巴黎奥托诺、阿维尼翁、达姆施塔特、Dona Wessingen、坦格伍德等地的音乐节,在维也纳、巴黎、阿姆斯特丹、米兰、纽约等地广泛用于独奏会。

  • Event Date
    2020-03-21
  • Hour
    14:00
  • Address
    3-1 Yamashita-cho, Naka-ku, Yokohama
  • Ticket type / Fee
    All seats reserved General 2,000 yen Student (24 years old or younger) 1,500 yen * Student tickets are only available in Kanagawa. * If you have a ticket for this course, you can listen to the public lesson after the performance from the audience.
  • Contact
    Ticket Kanagawa 0570-015-415
  • URL