Loading...

MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
5/24(日)「都市ヨコハマの未来像を考え表現する」ワークショップ 参加者募集中!専門知識・スキル不要です
その他 美術・写真
2020.02.26

5/24 (일) 「도시 요코하마의 미래상을 생각 표현하는 "워크숍 참가자 모집 중! 전문 지식 · 기술 필요하지 않습니다

横浜市イギリス館 
(이 페이지는 Google 자동 번역 서비스를 이용해서 작성되었기 때문에 반드시 정확한 번역이라고는 할 수 없습니다. 이용 시에 이 점에 대해 양해 부탁 드립니다.)

ワークショップ | ヨコハマ再発見 シーズン4「みらい・未来・ミライ、ヨコハマ。」セッション05ヨコハマとはどういう都市?ヨコハマから何が見える?あらゆる意味で最先端でありながら、その一方で見えにくい都市でもあるヨコハマを独自の方法で再発見・再定義する「ヨコハマ再発見」。横浜を舞台にした映画・アニメ・マンガ・文学・音楽などのメディア作品と都市風景などリアルとの比較を通じ、都市・ヨコハマを考える、一種の表象文化論、建築、映画、都市論にアートの手法を融合した試みです。今年で4年目を迎えるヨコハマ再発見は、最初の2シーズンでは見えにくい都市”ヨコハマのイメージ”を横浜内外の人と共に探り、昨年のシーズン3より「みらい・未来・ミライ、ヨコハマ。」というテーマで”都市・ヨコハマの未来像の探求”をしていますが、今シーズンは、前シーズンのテーマを継続しつつその装いも新たに「カフェ」と「ワークショップ」の2本立てのプログラムとしました。今回はワークショップのご案内です。テーマ「みらい・未来・ミライ、ヨコハマ。」でのアプローチは、横浜が優れたSF、近未来、ファンタジー作品の舞台になることが多いのはなぜか?という疑問に起因するもので、その理由に思いをはせることで「都市・ヨコハマの未来像」を展望するというものです。今回は、どなたにもより分かりやすく、アクセスしやすいように、どのような横浜作品があるかの紹介と解説、自由な解釈のヒントをお伝えしたり、皆で作品や、未来の横浜について気楽なディスカションをする「カフェ」と、表現・制作のための「ワークショップ」という二つのセッションを1年にわたり開催、いつでも、どのセッションからでも、カフェ、ワークショップのいずれかでも参加可能としました。幅広い年齢層の方々が対象で、少し異なる視点で都市を見たり、表現を試してみたい方、都市・ヨコハマや上記メディアや手法にご興味ある方、知的好奇心をお持ちの方、学生、社会人、横浜に関心のある方なら(市外の方含む)どなたでもご参加可能で、分野外だけれど興味がある、新しいことを知りたい、挑戦してみたい、という方も歓迎いたします。ワークショップにおける表現はスタッフがサポートしますので、ご参加にあたり、スキルの有無や専門的知識、経験は気にせずご参加下さい。様々な分野の人が集い、気楽に表現を楽しむクリエイティブなひとときでもあり있습니다. 새로운주의와 표현의 즐거움, 감성을 모두가 공유하면서 "도시 요코하마"를 모두가 함께 생각해 보지 않겠습니까 * 2020 년 12 월까지 워크샵, 카페 매달 각 1 회 시즌 개최합니다 문의 준비물 (워크숍) 필기구, 노트 PC (가지고 계신 분), 색연필 · 물감 파스텔 등 (본인이 사용하기 쉬운 것을 가지고있는 경우 / 회장도 제공합니다) * 자원 봉사자 모집 중 (CAT 기법과 매력 기획 단계부터 접해 수 있습니다) 모집 요강 (아래 사이트)를 참고하여 관심있는 분은 메일로 연락주세요 http://bit.ly/2OT2vDQ 주최 시네마틱 아키텍처 도쿄 (CAT) 후원 공익 재단법인 요코하마시 예술 문화 진흥 재단 협력 NPO 법인 일본 도시 계획 학회 twitterhttps : //twitter.com/CAT_YOKOHAMAFacebookhttps : //www.facebook.com/cinematicarchitectureinyokohama/

  • Event Date
    2020-05-24
  • Hour
    13: 30-16: 30 (Opening 13:15)
  • Address
    115-3 Yamate-cho, Naka-ku, Yokohama
  • Ticket type / Fee
    General: 1,000 yen / Student, unemployed, and those who participated in the workshop for the second time or later: 500 yen (including material fee)
  • URL