Loading...

MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
新宮 晋の宇宙船
Art / photography
2016.09.07

Susumu Shingu's spaceship

Yokosuka Museum of Art 
(Please note that this page was created using Google's automatic translation service and understand that because of this, its translation may not necessarily be accurate.)

「無限に広がる宇宙に存在する数えきれない星の中でも、色彩豊かで、様々な光や音が響き合う、とびっきりユニークな星、地球に、一人の人間としてボクは生まれた。これはどう考えても、奇跡としか言いようがない」 *新宮晋「この星に生まれて」(本展図録所収)より

新宮(しんぐう)晋(すすむ)(1937-)は、風や水の流れなどを受けてユニークな動きをみせる屋外彫刻でひろく知られるアーティストです。見る者に自然のエネルギーをあらためて感じさせる作品は、国内のみならず世界各地に設置され、その土地の風景と一体となって親しまれています。

今回の個展「新宮 晋の宇宙船」では、屋内空間のために生み出された近作・新作14点によって、美術館をひとつの大きな作品のように構成します。そこには、空気や水、光に恵まれたユニークな星、地球を愛する新宮の自然観、世界観、創る喜びが表現されています。

また会期中、美術館前の「海の広場」に、風で動く21点の彫刻群を設置します。これらは、新宮が2000年6月から1年半にわたり、それぞれ自然環境のまったく異なる地球上の6箇所で行ったインスタレーション「ウインドキャラバン」で用いられた作品です。

--- 展覧会の見どころ ---
■室内のわずかな空気の流れで、無重力空間のような動きを見せる作品
室内のために制作された作品の多くは、天井から吊るす「ハンギング・モビール」です。ごく軽量に作られた金属の軸とたくさんの帆で構成された《星の海》は、わずかな空気の動きで帆が回転し、全体のバランスを崩すことで、連鎖的にゆっくりと動き続けます。その姿は、まるで満点の星がきらめくようです。

■水の流動性、重さによって動く作品
本展では、水の力で動く2つの作品を、室内で展示します。
《小さな惑星》では、メタリックな流線型の6つのパーツが、内部に水を流し入れることで、互いの運動の影響をうけながらゆっくりと回転します。静かな水面の上で、作品に反射した光が飛び交うと、宇宙のような幻想的な空間があらわれます。

■「海の広場」に展開する、ウインドキャラバンの作品
2000年6月から1年半にわたって、それぞれ特異な自然環境にある地球上の6Location (Sanda City, Hyogo Prefecture, rice fields in front of Shingu's atelier / uninhabited island off Auckland, New Zealand / frozen lake in Finland, Arctic region / rocky mountains leading to Morocco, Sahara Desert / Mongolia, green prairie / Brazil, sea and lake The 21 sculptures actually used in this project will be revived in response to the sea breeze of Kannonzaki.

■ After the screening of the feature-length documentary film "Breezing Earth" "Wind Caravan", Shingu deepened his interest in the global environment and eventually had the idea of "Breezin'Earth", a village that lives on its own with only wind and natural energy. It will be like. German film director Thomas Riedelsheimer has been covering Shingu's activities for six years to make it happen. It was compiled as a feature-length documentary film "Breathing Earth: Shingu Shin's Dream" (2012/93 minutes). This movie will be screened twice as a project related to "Susumu Shingu's Spacecraft".

Date and time: Saturday, November 5th, Saturday, December 3rd, 18: 10-19: 40
(Open at 17:30, please enter by 18:00)
Capacity: First 120 people (70 chair seats)
Opening: Yokosuka Museum of Art Entrance Hall Participation fee: Free

  • Event Date
    Closed days: November 7th (Monday), December 5th (Monday)
  • Start Day
    2016-11-03
  • End Day
    2016-12-25
  • Hour
    10: 00-18: 00
  • Address
    4-1 Kamoi, Yokosuka City, Kanagawa Prefecture
  • Ticket type / Fee
    General 900 (720) yen, high school / 65 years old and over 700 (560) yen, free for junior high school students and younger * Group fee for 20 or more people in parentheses * Free for high school students living in the city or attending school・ Free for persons with a mentally handicapped person's health and welfare notebook and one accompanying person * November 3 (Thursday / holiday) is a free viewing day.
  • Ticket Info
    Advance tickets can be purchased at the museum reception and Yokosuka Arts Theater Ticket Center (Yokosuka Arts Theater 1st floor, Yokosuka Central Station More's City 1st floor).
  • Contact
    tel: 046-845-1211 e-mail: kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp
  • URL
  • Sponsor
    Yokosuka Museum of Art