Loading...

MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
Double Planet 第12話
音楽 演劇・ダンス
2020.12.16

双星第12集

(当前页面由Google翻译功能自动转换,翻译内容并非完全正确。敬请谅解。)

双行星
第12集“即使在这样的一年圣诞节也会像圣诞节一样到来”
Luca Tamaru(Furutajun&Yota Kanda / Radio Shonan Personality)

十二月的俱乐部房间比我想象的要冷。将自己置身于摇晃着脑袋的电炉里,只能听到夏希咬牙切齿的手转动剧本时发出的噼啪声和尖叫声。我傻眼了,还记得那一天。仰望海滩的星星,谈话,黎明,日出,首班车,江之电,母亲的借口。我不知道这个表达的灵感来自什么。我把溢出的想法写下来,去图书馆做一些研究,把所有的截止日期都写进了剧本里,好像它们是微不足道的。用这样的词很尴尬,但如果我敢用它,我就完全专注了。是的,我集中精力完成了《天空之谜》的剧本。

读到最后的夏希颤抖着说道。

“这是什么……很危险”

我很自信。相反,我不能写更多的东西。老实说。

“人物造型和故事发展都很好,我觉得进步了很多!”
“很好”

我很快回应,扼杀了我的喜悦。 《天空与拼图》的重写进行得很顺利。我和 Natsuki 又向前迈进了一步。

“嗯,你从这里做什么?你是如何进行这项工作的……”

毕竟,在那里的话詰まった。相変わらずコロナの影響で活動は見通しが立ってない。というよりも、状況は悪化しているのかも。先月の文化祭も中止になったし、演劇部の活動もしばらく休みが続いている。このままだと2月の卒業生を送る会も中止になるというのが、もっぱらの噂だ。自由な活動を許されていた頃が、もうずいぶん昔のことのように感じられる。せっかく台本はできたのに、それを上演する機会と場所がない。これはツラい。はぁ。しばらく黙っていると、ナツキは小さく折り畳んだ紙を私に差し出した。

「ルカ、これ読んでみてくれない?」

「何それ……」

私は折り畳まれた紙を受け取り、おそるおそる開いていくと、汚い字で「作戦」と書かれていた。私が知っているナツキの字じゃない。文字らしい文字はあまりなくて、カメラとパソコンをケーブルで繋ぐ配信システムの図説らしきものであることが分かってきた。

「この前、カレシに相談したのね」

「え、待って待って。カレシ……?! え?え?」

「そっか、まだルカに言ってなかったよね。私、先月から付き合ってる人がいるの。放送部の武村くんって知ってる?」

武村友治。1年生の時、同じクラスだった男の子だ。彼が音楽に詳しいのは知っていたけど、それぐらいの印象しかない。正直、イケメンなタイプでもない。面食いを自認していたナツキが好きになるのは意外だった。

「グイグイ言い寄られちゃってさー」

ナツキは照れながら満更でもない様子で言った。きっと二人にしか分からない何かがあったんだと思う。けど、それを根掘り葉掘り聞くよりも、まずはこの紙に書かれた図説の意味だった。

「この作戦って……」

「武村君が配信しちゃえば?って言うんだよ」

確かに、コロナ禍の中、配信公演は増えてきている。私も気になった劇団の配信公演をいくつか観た。でも、まさか自分達でやろうとは思いもよらなかった。だって、やり方も分からないし、ちゃんとやるならお金がかかるって聞いてたから。

「もしやるなら、放送部が手伝ってくれるって」

「えっ、ほんとに?」

「演劇部と放送部のコラボ公演ってことで、放送部の部費も使えるようにするって」

ナツキはどこか誇らしげだった。武村君がどんな人なのかよく知らないけど、大好きなカノジョのためにここまでやってくれると言うのなら、信頼してもいい気がし它是。

“也许是外送表演吧!”
“好!今天见了,我就好好谈谈。如果我决定了,我就必须修炼!”
“是的,你会很忙的!”

我离开了高中,前往藤泽站。挤满了赶回家的人。
我的步子很轻。我们推进到了分销业绩的下一步是一件大事。

突然,我在车站停了下来,背靠着墙拿出了智能手机。

启动 LINE并用拇指滚动。
我一找蓝色星球的图标就找到了。

“天空和谜题很可能会作为广播表演进行。”

我按下了提交按钮。
1分钟, 2分钟,... 5分钟。
很难读懂它。

我厌倦了等待被阅读的自己,开始在车站周围走动。

有一个招牌接受圣诞蛋糕的预订。即使在这样的一年里,圣诞节也会像圣诞节一样到来。 Natsuki 可能会和他的女朋友 Takemura 在一起。也许我们会互相交换一些礼物。在圣诞节,我只在漫画和戏剧中看到过。夏希以为她会再增加一个演员的退出。好,好,好夏树。

听到LINE铃声,赶紧打开手机。

“你什么时候回来?”

是我妈妈寄来的。
尝试点击蓝色星球图标。
还没读。

那人已经是什么人了?

"alt=""class="aligncenter size-medium wp-image-240428"width="720"height="425"/>

两天后的晚上,我收到了青野先生的回复。

“回复晚了很抱歉,我觉得交付效果不错!恭喜。我终于完成了这首歌。我人生第一次从头到尾自己制作的歌曲。”的主题曲《天空与拼图》。我要丸山先生先听一听。

在结束的信息之后附上了一个音源。

突然,我的胸口开始颤动。
不知不觉间,我的口干舌燥。

我轻点了播放键,缓缓闭上了眼睛。

“待续”

* 你可以在这里看到后面的数字。